薔薇色の部屋

ちょっぴり工事しつつ更新します

花柄

秋めくココロ1~長年の憧れ・YUWAの”Gloria”



しばらくご無沙汰してしまいました。

更新がない間にも訪ねて来てくださった皆様、いつもありがとうございます。
もう少しの間、気まぐれ更新になるかもしれませんが、忘れずまた遊びに来てくださいね。


ひと月近く経つ間に、すっかり秋めいてきて、朝晩はずいぶん涼しくなってきました。

少し前から、夏の間はすっかり忘れていたり、まだ季節ではないと感じてしっくりこなかったりしていたもの、あれこれが、心の中に浮かんでくるようになっています。


例えばこれもそのひとつ。



BLOG1936 (2)



もう何年も前からずっと欲しかった、YUWAの帆布生地”Gloria”です。
素敵でしょう?

本当に何年もただ眺めるだけだったので、ネット上のお店では次々と売り切れてしまい、それでも購入する決心がつかず、たったひとつまだ在庫有となっているネット店を時々チェックしていました。

秋めいてきたのと、他にも探していたものがあり、先日久しぶりにそのお店のページを見たところ、在庫状況が「△(残り少ない)」になっているではありませんか。

あわてて必要な長さを計算して注文し、今日無事に届きました。


何年も待った憧れの生地、どんな気持ちがするかしらと思いましたが、数年ずっと見ていたせいか、ああ久しぶり、じゃないんだっけ、でも初めて会った気がしないね、とでもいうような感じ。(笑)

あまりに当たり前のような感じで、全然感激はなかったのですが、実際の生地を手に取ってみても、画面で見ていた時と同じように好きで、やっぱり購入してよかった、と思いました。

ほんのり胸があったかくなるような感じ。



BLOG1935 (2)



色違いのブルーです。

このくすんだやわらかなブルーもとても好きで、一枚目の生成りと合わせて、クッションカバーを作りたいと、最初に見た時から思っていたのです。(ほんとに何年前だろう。3年くらい? 笑)


でも、私の現在の住まいに、このクッションを置けるようなソファはありません。
今ある椅子においても、背もたれに隠れて全然見えないので、せっかくの美しい生地の意味がない。

なので、いずれ、このクッションを置いたら映えるような、素敵なソファを置ける生活になったら生地を購入しようか、

でもいつかその日が来たら、もう好みも状況も変わって、別のが欲しくなるかもしれない、

と思って、購入の決心がつかないでいたのですが、こうして手に入れたからには、たとえソファがなくても、先にクッションカバーだけ作ってしまうのもいいな、と思っています。

ほら、準備が整うと、現実になる、というし。(ソファを購入するような現実が来る、というか。)



BLOG1932 (2)



作ろうと思っているクッションの大きさに折って、並べてみました。

バックのブラウンの布が、カバーの裏面にしようと思っているツイル生地です。
これも最初から、あたたかみのあるこんな色と、もう一色焦げ茶とを合わせたかったのです。

ご覧になっている方にも、イメージが伝わるかしら。


縁取りに豪華なパイピングテープをつけたら、一層シックでこの生地に似合うかも、とも思うのですが、それだとクッションを抱いた時にそこだけ硬くて感触が悪いだろうと思うので、

今のところはシンプルに普通のクッションカバーにするつもりです。

帆布と聞いて、もっと厚くて硬い生地かと思っていましたが、予想よりずっとやさしい柔らかな手触りだったのも嬉しかったし、

この生地を汚したくはないけれど、でも私、そう思っていても絶対に、もふもふ抱きしめてしまうと思うので。(笑)

o0500037513975335479
パイピングテープってこんなもの。平たい部分が縫い代です。(画像はお借りしました。)



こうして最初にパッとイメージが湧いた好きなものは、自分の好みとして間違いがないし、実際に作ってみるまで気が済まず、ずっと忘れない自分の性格をわかっているくせに、

でも、子供の頃のような、どうしてもこれでなくては、というほどの強烈な執着心はないし、これを逃しても死ぬほど後悔するわけじゃない、

また別の素敵な生地との出会いもあるだろうし・・・

などなどと理性では考えるし、もちろん次なる出会いがあるのはそうだろうけれど、そんなことを考えてぐずぐずしているより、どんどん手に入れて作ってみて、使ってみるのが一番いいのですよね。

当たり前だけど☆


これは最近の実感でもあるのだけれど、作ったり買ったりして大切に使っているものも、永遠にもつものなんてなく、傷んだり消耗したりして、お別れの時が来て、新しいものと出会う時が来る。

だから、好きなものに出会ったら、手に入れないまま眺めていたりせずに、それと一緒に暮らせる時を実際に楽しみたいな、と思います。

また次の素敵な出逢いの時まで、ね。




※今までにYUWAの布で作った小物の画像が、過去記事にいくつかあります。
よろしかったらどうぞ見てみてね。

YUWAの生地でシートベルトカバー作成
YUWAの苺で作ったティッシュケース
薔薇のバレエシューズ1


※私が大慌てで注文したこの生地、生成りの方はまだ少し残っているようです。
もし欲しいと思った方は、急いでどうぞ!





********

クリックありがとう!


(一日に1クリックのみでOK! PCの方は別ウィンドウで開きます。
スマホの方は、ランキングページからタイトルをクリックして、戻ってくることができます。)

********








リメイクジュエリーボックスと、重いイヤリングの使い道




このところ長いメールや手紙などを書いていて、記事を書く時間が足りなかったので、今日は二年前の画像をアップします。

部屋の中を色々変えたり、古いものをリメイクしたりした時のひとつです。

といっても、これは以前載せた電気の笠のような必需品ではなく、全くの趣味の遊びの品です。
材料は、貰い物のゴディバチョコレートの箱。




BLOG3685 (2)




BLOG3686 (2)




しっかりした箱なので、この時は、つい何かに使いたくなってしまったのです。
で・・・茶筒をリメイクした時の残りの包装紙と接着剤で、こんな風に。




DSCF3658 (2)-gimp3-blogsize




思い付きでやってみた割には、きれいに仕上がりました。
でもこの外側より何倍も、内側がなかなかのできなのです。

今もう一度やろうとしても、もうどうやったか覚えていないのですが、我ながら上出来。
大丈夫、二度とやろうと思いません。か~な~り~手間がかかりました。(笑)




DSCF3659 (2)-gimp-peint2




いかが?
賑やかに色々入っていると、それだけでも可愛く見えますよね。

自作のピアスやリング、大ぶりの古いイヤリングなどを入れてみました。

重いピアスはあまり着けないし、元々大きなものもあまり買わないのですが、学生時代から持っている大きめのイヤリングが、ほんの数個あります。

あれ、数個というより、この写真に写っている二組だけかな。


前から二列目、左から2マス目に入っているピンクとゴールドのイヤリングは、京都にいた20代の頃、時々通っていたアンティークショップで買ったもの。

お目当てのガレやドームは見るだけだったのですが、その横で売られていたものを買ってしまいました。骨董品の値段を見た後だと、ものすごく安く思えたのを覚えています。(笑)

可愛くて今でも好きですが、顔の幅が細いタイプの私には、こんなに大きなイヤリングはあまり似合わず、その上重いのなんの、ほんの数回で着用を断念しました。

でも今でも、友人にもらったカードやきれいなポストカードなどを飾っておく時のクリップとして、意外な用途で活躍してくれています。

ずっしり重くて安定がいいし、薄いカードもしっかり強力に押さえてくれるし、飾りとしてもキラキラきれいだし、もう、適性ばっちり。(耳が痛いはずです。笑)




DSCF3668 (2)-gimp-blogsize




もう一つ同じ箱があったので、色違いの包装紙を貼ってみましたが、こちらは簡単に。




BLOG3694 (3)-peint




こちらも今でも、必要なレシートなどちょっとしたものの一時保管の箱として使っています。
二つ並べるとこんな感じ。




DSCF3671 (2)-gimp-blogsize




メッキしてあるアクセサリーは、空気にできるだけ触れないように保管した方がいいのですよね。

私も銀製のリングなどは、しっかり密封できる袋に入れてあるのですが、せっかくの可愛いアクセサリーを全部ジッパー付きの保存袋に入れて保管しておくのはつまらなくて、

でもそうしておかないと変色や退色を早めるのも事実なので、悩むところです。


100均で売っている仕切りのあるプラスティックの箱やタッパーに入れることも一瞬考えましたが、タッパーを開けてピアスやリングを選ぶことを想像した時点で、やめておきました。(笑)

アクセサリーのいい保管方法をご存知の方がいらしたら、ぜひ教えてください。











実は”これでもか!”くらいが好き?~「藍の瞳」と薔薇と花柄と





前に記事「初花という名の大切な指輪」で取り上げた、このスワロフスキーリング。

はぴ魔女さんが運命の一目惚れというほど気に入って、ご自身のブログで紹介してくださった
「初花(はつはな)」と、色違いの「藍の瞳」。




BLOG8043 (2)-picasa




自分自身でも愛用しながら、今まで何年もかけて少しずつ改良を続けてきた愛着のある作品で、

最初はスワロフスキーの数ももっと控えめだったのを、何段階かかかって今の数にまで増やし、色の配置はそれ以上に何度も繰り返し手直しして来ました。


これで今のところ最善、と思う状態になっていたので、安心して販売作品のひとつにしたのですが、先日、販売サイトminneで、登録していた数が売り切れたのをきっかけに、

次のいくつかを作って補充しようとした時、また、ちょっと気になっていた「藍の瞳」(画像左)の一部の色配置を、手直ししてみました。


ほんのちょっと直すだけでも、これが結構難しくて、時間がかかるのです。
なにしろ、ひとつ色を変えると、隣の色に次々影響するので、下手をすると全部が崩れかねません。

今回もかなり時間がかかって、しかも仕上がりは、たぶん作った本人以外に、パッと見てわかる人はいないだろう微妙な調整でしたが、それでも更にしっくりくる良い配置になって、私としては大満足。


ますます自信をもって再販できると嬉しくなったのと、春だから表示を少し変えたいと思ったのと両方で、こんな画像も作ってみました。




藍の瞳 薔薇1




薔薇尽くし♪

主に簡易なフリーソフトを使っているため、作業過程でだいぶ主役の画像が荒くなってしまっているのが難ですが、せっかく作ったので、今、薔薇色工房ギャラリーではこれを見出し画像にしています。


使ったイラスト素材は元はもっと控えめなものですが、満開のお花畑にしたかったので、何回も重ねてこんな風にしてみました。

ごてごてしたものはちょっとバランスが違うと一気に品が下がる危険が大きいので、自分が描いたり作ったりするのはずっと抵抗があったのですが、実は細密に描かれた絵や装飾がものすごく好きです。


ロココ調やウィリアム・モリス、リバティなどより、

先日取り上げた「画本紅楼夢」もそうだし、この上なく美しい絵本「眠れる森の美女」のラッカムや、同時代のイラストレーターたちの作品、柄物でいったらローラ・アシュレイの花柄などが好き。

そうそう、昨日のバレンタイン画像のチョコレートも、中身ではなくパッケージが好みで買ってしまいました。色違いとサイズ違いも欲しかった(箱が)。笑

いつも行くスーパーにバレンタインコーナーができたことさえ気づかなかったのに、大好きな白地に青の模様が目に入り、あ! ローラ・アシュレイ!? とわくわくして近づいたら、チョコでした。




無題




上の画像はモロゾフのネットショップから拝借しました。
バレンタインは過ぎたけど、限定品ではなく、これからも買えるようです。

ただの色違いではなく、同じ薔薇でも柄も違うし、リボンの質感と太さも違う所が、憎いわあ。
スーパーでは売り場が撤去されてしまったけど、やっぱりピンクも買っておけばよかったかな。

それで箱の内側に手を加えて、アクセサリーを入れるようにしたり。


・・・書いていると、本気でやりそうになってくる自分が怖い。笑
でもこの蓋部分、手をかけようにも補強できない造りだし、長く使えるほど強くないんです、残念。


と、話が逸れましたが、とにかく薔薇とか桜など春の花の季節に向かっているし、もう一枚。



藍の瞳合成2 (2)




ひとつ上の画像と同じ素材を使っています。

自分で自分の手や指を撮るのはいつもなかなか難しくて、ただでさえアップに切り取った時点で画像が荒くなってしまうのですが、更に合成作業の過程で、指の輪郭がかなり残念な状態に。

なので販売サイトには今のところ載せていませんが、せっかく作ったので、ここに載せておこう♪


続けて「初花」も、色配置を手直ししてみました。



(つづく)→ 続きアップしました。「桜満開幻想~指輪「初花」と私のラッピング














 *Welcome My Sunny Rosy Room*
    **クリックありがとう!**

*どちらも別ウィンドウで開きます*

user-banner[1]

**********
line1 (2)-85
          記事検索
        *contact*
       *花陽の別ブログ*
愛する物語世界の浪漫、美しい日本語、
名前の持つ不思議な力など・・・更新中!
       ギャラリー (Click!)
  • 久しぶりの夕焼け
  • 秋薔薇の季節
  • 小さな花のリング
  • 秋めくココロ2~すみれ色のスワロフスキーとボルドーの薔薇
  • 秋めくココロ2~すみれ色のスワロフスキーとボルドーの薔薇
  • 「秘密」
  • 秋めくココロ1~長年の憧れ・YUWAの”Gloria”
  • ただ、そのままを見る~記憶と感情のオプション選択
  • 愛しい恐ろしい私たちの日本~Amazonもクロネコも郵便局も
  • 私の色・BO11~魅惑の色彩オーラソーマ
  • 再会~おかえり、私の愛するもの、愛すること
  • 久しぶりの夕陽~したいことを優先する体験
  • 強烈な直観?~わかるはずがないことがわかる時
  • 結ばれる願い~淡色リボンとスワロフスキーのブレスレット
  • 幸せは自分が創り出しているものらしい
        薔薇色工房

        **Gallary**

2012-1225-BLOG4269-90 (3)    BLOG6593 (3)    BLOG5947 (4)
BLOG7998 (4)    BLOG7628 (4)    DSCF6609 (3)-trim
DSCF4054 (3)-trim    2011-0519-BLOG8635-90 (2)    BLOG1995 (4)
ブログで育てた苗木を本物の大地に植樹しよう
        QRコード
QRコード
         ***
/*リンクの下線はなし、マウスオンで下線あり*/