薔薇色の部屋

ちょっぴり工事しつつ更新します

【スピ】ウニちゃんわーるど

春と桜と前世と、そして指輪「恋色」の件について




この数日、とにかく眠くて眠くてたまらず、なかなかやりたいことがはかどりません。

日曜の午後には、少し落ち着いて記事を書く時間があると思っていたのに、メールの返信や雑用などを済ませて夕方になったら、あまりに眠くて少し横になり、気付いたら深夜0時を回っていました。

春だから、なのかなあ・・・?

春は体が、走り出す前にエンジンをかけてアイドリングしている状態で、とても大変な時期というのもあるし、内面の変化が大きくなる時には、眠くなると言われているから、それだと思っておこうかな。


さて、今日は先週放送された例のドラマの話を書かねばと思うのですが、ちょっとその前に。




2011-0407-BLOG7860-90 (2)




最近の記事ではない過去記事で、このところ閲覧数が上がっている記事が二種類あります。
ひとつは季節柄、検索して見に来てくれている方が多い記事。

一番多いのが、「桜と花モチーフの春色のコースター」。
次いで「ハートハート・ソックヤーンで編むぷっくりハート」も、検索からの訪問者が多いです。

先日の記事にも写真を載せましたが、かぎ針編みのあのハートは、「不思議を否定していた私が、天にもらった明確なサイン」にも画像を色々載せているのを忘れていました。


けっこうな数の検索からの訪問者数なので、皆さんきっと編み図を知りたいのだろうな、と思い、提供元のブログを探してみましたが、なぜか見つかりませんでした。

あの記事の桜のモチーフも、花モチーフも、一般的に出回っているものとは違い、両方とも編み図を作った方が細部まで工夫を凝らしたオリジナルだったので、形がすごくきれいです。

もしもう一度見つけられたら、リンクを貼るようにしますね。


去年このブログに移ってきた頃は、写真をちゃんと撮るにもまだ体力気力が全然足りず、このブログも本当にこっそり書いていた秘密のブログだったので、たくさんの人が見るという緊張感もなく、

急いでササッととりあえず撮るものの、背景が私本来の感覚からは有り得ないほどぞんざいなものが多く、今見ると自分でぎょっとします。

一年前とは思えないほど、感覚的に遠い昔のことのような気がするくらい。

なので、写真の状態が良くなくて、せっかくの桜のコースターたちが地味な感じで写っていて残念です。機会があったら撮り直そうかと思っています。



閲覧数が増えているもう一種類の記事は、少しスピリチュアル系の不思議な話、「ウニちゃんわーるど」です。(もう私には最近、スピというより、ごく普通の心のことという感じなのですが。)

一連の記事を一気に通して読んでくださる方が多いので、とても嬉しいです。

以前もちらっと触れたように、霊能力に匹敵するほど直観力が高いと、特殊能力を持った人たちに言われながら、私は長い間自分の不思議な体験を全く受け入れられずにいたのですが、

私自身だけではなく、私と接点を持った人にも、不思議なことが起きることがとても多いのです。

といっても、現象としてというよりは、「恋人や友人との前世の縁を思い出す」とか、「自分や身近な人のウニちゃん(インナーチャイルドやウニヒピリのようなイメージ。詳しくはこちらに。)が見えるようになる」「直感や予感が高くなる」というようなものなのですが。


なので、こうした系統の少し不思議な話が、自分の体験としても、周りの人に聞いた話としても、かなり色々とあり、それを今年は少しずつ書こうと、一つ目の話を先週から下書きし始めていました。

誰にも言っていなかったのに、その途端、また不思議なことが起こりました。




2011-0407-BLOG7859-90 (2)




この日曜に、ある人から突然、「花陽さんと○○時代(前世)に一緒だったことを思い出しました。」という内容のメールが来たのです。

それほど親しい人ではなく、もちろんそれまでにそうした話など一切したことがありません。


残念ながら、私にはその記憶はないのですが、でも、そのメールの文字を目にした瞬間、なんとなく嬉しい気持ちになりました。

元々右脳型の自分を自覚していたため、逆に左脳ばかりを尊重するように、知らず知らずなって生きていた私には、まだこうした話題を公の場でしようとする時、心の中にかなりの抵抗が動きますが、

そうした話の持つ「エネルギー」、雰囲気のようなものが、心地よく懐かしく感じられて、その話は理性や論理で考えるほどアヤシイ物などではないこと、

その話をするのが、私にとっては心休まるいいことらしいというのを、心身が教えてくれているのだと、ようやく感じ取れるようになってきた気がしています。


なので、近々そうした不思議な話をアップしますね。
最初の話は、この世に来る前から知っていた子、の話になる予定です。

今年初めの数回の記事にもちらっと書いていたように、今年はそうした不思議な話の他にも、今まで過去のブログでも書きそびれて来た色々なジャンルの話を、したいと思っています。


さてこの後、もしまだドラマの話を書いて、記事をもう一本アップできるようなら、今日中にしたいと思っています。

間に合わなかったら、近日中に必ず。
一言だけ先に書いておくと、

恋色を気に入って購入して、大切にしてくださっている皆様、
公共の電波で価値を著しく下げるようなことになってしまい、本当に心から申し訳ありませんでした。















ちいさい王様





先日の記事にも書きましたが、
私の絵描きとしての能力は、自分の基準でいうと、お話にならないほど低いため、

自分の中に見えているイメージを、その通りにうまく描けたためしがありません。

絵の得意な人は逆で、20代の頃お世話になった、少女漫画の大家、萩尾望都さんによると、
自分の中のイメージより、実際にそれを絵にしたものの方が、面白い良いものになるのだとか。

すごいなあ、そういうのが天性の絵描きの才能だなあ、と思います。


私も自分の中のイメージは、かなりはっきりと映像として見えているため、それを絵で表すのが当然の気がして、絵や漫画の世界に足を突っ込んだりしていましたが、萩尾先生とは逆の実感の連続でした。

小学生の時、図工の時間に風景を描くよう言われて、目の前の綺麗な景色や花などを見ながら紙に向かっても、まったく思うように描けずがっかりしたことがある人ならわかる、あの感じです。


最近遠ざかって絵を描かなくなっていたので、余計勘が鈍って、
先日のこの絵も、実は途中で諦めて捨てようかと思うほど、失敗してしまいました。

なんとかごまかしたけど、もっときれいに描いてあげたかったなあ、
全然予定と違う感じになってしまいまいした。

特にうにちゃんが、私の中の本当のイメージとは、かなりかけ離れた様子になってしまいました。


イメージの中ではこんなイラスト風の顔をしているわけではなく、ちゃんと人間の幼児だし、
ちいさな子供を描くのは私にとっては難しいので、何重にも絵にするのが難しいのですが、

更に、以前イラストレーターとして小学生の本に挿絵を描いていた時の、
男の子たちの服装のイメージが、他によく知らないせいで、つい出てしまったようです。

あの絵のうにちゃん、なんだかサッカー少年みたいになってしまいました☆笑
活動的ではあるけれど、運動好きという感じではなく、もっと物静かで大人しいタイプなんです。


本当は全然違うなあ、うにちゃんごめんね、と、ちょっと寂しくなって、
できるだけ私の中の本当のイメージに近いうにちゃんを、もう一度描いてみると・・・




DSCF3726-trim-blogsize-515




こんな感じ。

うん、これはちょっと似ています。
目も鼻も描いてないけど、似ている。(なぜかはこの記事にあります。笑)

こんなちいさな、私のうにちゃんです。
(ちい~さく描いたら、ちょっと似ました。笑)


ほっぺはふっくらかわいいけれど、体や手足は全体にほっそりした華奢な子で(骨格はうに子と兄弟みたい)、穏やかで大人しく、いつもちょっとはにかんだ笑顔で、嬉しそうにうなずいてくれるのです。

寡黙だけど賢くて、いつもいろんなことを感じて、沈思黙考しているタイプです。ほんとです。(笑)
ただの3歳児ではなく、ウニヒピリやインナーチャイルド、魂の姿でもある、賢いウニちゃんなので。


それに何より、私には世界中でいちばんやさしい。


うに子と会ったばかりの時には、服装も心もボロボロ、表情も凍り付いたような状態でしたが、2年近く経った辺りから、やっと安心したのか、頬も丸くなって、機嫌よくかわいく笑うようになりました。

私が一人で何か考えていたり、車の運転をしていたりする時に、何かの拍子に、こんな風にぽん、と私の心の中に浮かんで、うんうん、うんうん、と嬉しそうにうなずいてくれたりします。

それだけで、私もほっとして、嬉しくて涙が出ることもあります。(笑)
お腹の辺りがふわっと暖かくなって、それまで冷えていたのに、指先まで温まったこともあります。


うにちゃん、すごいんです。
私のちいさな、癒しの王様。


人が聞いたらバカみたいに思われるだろうけど、いいんだ、こっそりここにだけ、書いておこう。
実はこの絵をここにアップして人に見せるのが惜しいくらい、私、うにちゃんがかわいいんです。

あんまり描くと、物理的に存在する絵のイメージの方が強くなって、
心の中のうにちゃんが見えなくなりそうで怖いので、顔を描くのは、もうこの辺にしておこうかな。


昨日のような気持ちになった時、うにちゃんとうに子に助けを求めたくても、
あいにく、私があんな状態の時には繋がらないようなので、最近もしばらく見えないのですが・・・

(繋がることもたまにあるのですが、そうするとうにちゃんまでおびえた悲しそうな顔をしていて、
かわいそうになってしまうので、自分の調子が悪い時には、無理に見ようとしなくなりました。)

でも、またそのうち出て来てくれるよね。
今日は見えなくても、うにちゃん、いるよね、うに子と一緒に。



BLOG3728 (2)-380




にこにこしながら、うんうん、うんうん、と
うにちゃんがいつもの通り、うなずいてくれている気がします。

うにちゃん、大好き。
私もうに子も、世界中で、うにちゃんが一番かわいい。

いてくれて、ありがとうね。










It's not your lips I kiss ...








うにちゃんお誕生日2 001 (3)-blogsize-80




It's not your lips I kiss,
 but your soul.













 *Welcome My Sunny Rosy Room*
    **クリックありがとう!**

*どちらも別ウィンドウで開きます*

user-banner[1]

**********
line1 (2)-85
          記事検索
        *contact*
       *花陽の別ブログ*
愛する物語世界の浪漫、美しい日本語、
名前の持つ不思議な力など・・・更新中!
       ギャラリー (Click!)
  • 秋薔薇の季節
  • 小さな花のリング
  • 秋めくココロ2~すみれ色のスワロフスキーとボルドーの薔薇
  • 秋めくココロ2~すみれ色のスワロフスキーとボルドーの薔薇
  • 「秘密」
  • 秋めくココロ1~長年の憧れ・YUWAの”Gloria”
  • ただ、そのままを見る~記憶と感情のオプション選択
  • 愛しい恐ろしい私たちの日本~Amazonもクロネコも郵便局も
  • 私の色・BO11~魅惑の色彩オーラソーマ
  • 再会~おかえり、私の愛するもの、愛すること
  • 久しぶりの夕陽~したいことを優先する体験
  • 強烈な直観?~わかるはずがないことがわかる時
  • 結ばれる願い~淡色リボンとスワロフスキーのブレスレット
  • 幸せは自分が創り出しているものらしい
  • 富士山とツイッター(の可愛い子)に癒された日
        薔薇色工房

        **Gallary**

2012-1225-BLOG4269-90 (3)    BLOG6593 (3)    BLOG5947 (4)
BLOG7998 (4)    BLOG7628 (4)    DSCF6609 (3)-trim
DSCF4054 (3)-trim    2011-0519-BLOG8635-90 (2)    BLOG1995 (4)
ブログで育てた苗木を本物の大地に植樹しよう
        QRコード
QRコード
         ***
/*リンクの下線はなし、マウスオンで下線あり*/