薔薇色の部屋

ちょっぴり工事しつつ更新します

【写真】桜

永遠に解き明かせない「あなた」~蠍座の水は牡牛座の大地を潤す




今朝は5月の満月。

ネット上の情報によると、
4月26日の牡牛座の新月の次に来るのが、今日5月11日の蠍座の満月なんだとか。

そして、これも数日前にどこかで読んだ情報で、複数の人のブログ情報がごっちゃになっている気もしますが、それによると、

蠍座は深い感情を湛えた「水」の性質があり、
蠍座満月の太陽の反対側にある牡牛座の、揺るぎないけれど荒れた「大地」を潤すものなのだとか。


そう聞いた時、あっという間に、光と緑に溢れた美しい大地に、やさしい風が渡っていく光景が目に浮かび、久しぶりに、占星術をちょっといいなと思いました。




BLOG0657 (2)




自分の苦しみから何とか逃れるヒントが欲しくて、自分がどうしてこんなつらい毎日を生きているのかわからなくて、理由を知りたくて、

神秘的なことに興味があったというのもあるけれど、主にそんな思い、つまりは恐れから、
色々なものをかじりました。

四柱推命、姓名判断(画数)、数秘術や算命学、風水、占星術やタロット、易、等々等々・・・

中でも四柱推命は命式を出すことができ、基本のことは読むことができる程度まで独学したし、
元々言葉(日本語)が一番の専門分野なので、姓名判断は友人の相談にも乗ったりしてきました。

私の場合、従来の姓名判断とはちょっと違って、

画数よりもまず、毎日声に出し耳で聞く「音」の響きと、その漢字が歴史的に持つ意味や雰囲気などを重視し、総合的にどんな姿の(どんな佇まいの、どんな力を持つ)名前かを、観るのですが。

他にも、タロットやカード占いは、いつも遊びのつもりでやっていたけれど、時に相手が泣き出すことがあったくらい、不思議と当たることが多かったのです。



・・・でも、結局、自分について知りたかったことはわかったかというと、わからないまま。


四柱推命では、私の命式は他に見たことがないほど込み入っていて判断が難しく、その道の一流の人でも、観る人によって全く異なる解釈になるだろうと思うほどだし、

姓名の画数はどの流派で判断しても、実際の人生をそのまま予告していたかのように劇的に最悪だし、

四柱推命で示される性質と、占星術や数秘で言われる性質とは、全然違うのに、どちらも当てはまる所もあり、訳が分からなくなるばかり。

同じ四柱推命や占星術の中でも、流派によって読み解き方が違い、すると出てくる基本的な性質や傾向も違い、もう、なにがなんだか。


当たり前のことだけれど、どれも「この(学問的な)見地から見たらこうだ」という、ひとつの見方に過ぎないのだから、いろいろ違って当然なのに、

どこかで一つの「正解」を求めていたような感覚と、
そんなものはないと知りながら、一つ一つの視点や言葉に惑わされる自分をそのたび感じ、

そんな自分と、その恐怖心が、つくづく嫌になったのです。


そんなわけで、数年前、体を治す漢方薬を選ぶための実用的な考え方として、陰陽五行道に基づいた中医学の、素人の私にもわかる基本知識だけを残して、他は全部、もういいやと思いました。


もういいや。
どれも全部当たっているけれど、どれもやっぱり当たっていない。

あれとこれとは言葉では全く矛盾するけれど、どちらも当たっているし、どちらも私。

自己の生まれ持った「何か」を読み解こうとするのは、神秘的で楽しいけれど、どれか一つで完全に「私」を説明することもできないし、全部を合わせたら、盛り込みすぎて逆に個性がない幽霊のよう。

しかも私は、「自分の生まれつきの暗い運命を知らされる」かのように、恐怖を感じながらそれらを診ている。

楽しむのならいいけれど、そうできないのなら、
もう、これらを気にしたり、何かの根拠にするのは、やめよう、 と。



だから自分にまつわるそうした様々な神秘的な、あるいは統計学的なちょっとした知識も、それらに怯える自分も、もう全部放り捨ててしまったし、新しいものもいれないつもりだったのですが・・・


5月と11月、太陽をはさんで常に反対の位置に向かい合い、

現実的で華やかで力に満ち、物質的な豊かさの象徴である牡牛座と、
ひたすら心の奥に何かひとつを突き詰めていくような、精神的・感情的な深さを象徴する蠍座が、

緑に溢れる豊穣な世界をなすために必要な、大地と、その地を潤す水だというのは、

なんだかとても心に染み入る、美しくまぶしい新緑が生い茂るイメージを見せてくれる、
素敵な情報でした。




DSCF0527 (5)-blogsize




聞くところによると、
今、その蠍座の元で、

深く自分の本当の心を見つめたり、その心に従わざるを得ないようなことが、
多くの人に起きているといいます。

不思議なことに、蠍座生まれの私にも、
前回の牡牛座新月を過ぎてから特にこのところ、

今までの人生で稀に見る大きな変化が起こり始めています。



あなたの中にも変化が起きていますか?

あなたの奥底の声は、何をあなたに告げていますか?



たった一人の、誰よりも近しい自分。
生まれた時から死ぬまでけして離れることのできない、一番大切な人。

どこまで行っても知り尽くすことのできない、宇宙のように複雑で神秘的な「あなた」。


今までないがしろにしてきてしまったけれど、

その声を、いつも、もっと、もっと敏感に、
どんなささやきでも逃さないほどぴったりと寄り添って、

聴けるようになっていきたいと、私は思っています。











********

※ブログランキングに参加しました。
クリックしていただけたら嬉しいです。

人気ブログランキング

(一日に1クリックのみでOK!
PCの方は別ウィンドウで開くので、ページを移動しなくて大丈夫です。
スマホの方は、ランキングページからタイトルをクリックして、戻ってくることができます。)

いつもありがとう!

********






最高の一瞬(いっとき)~今年の桜と富士山




先週の金曜から数日に渡り、時間帯はそれぞれ違いましたが、何度か近くの桜名所へ出かけました。

前にも書きましたが、コンデジの液晶画面だと、日中うまく撮れているかよくわからない!
夕方から夜にかけては、光の感度を上げないといけないのに、三脚がないのでブレるのが当たり前!

で、少しでもちゃんと撮れているものを残そうと、あまりにもたくさん撮ってしまったので、その中から選んで、最低限の処理をして、ここにアップするという作業が果てしなく思え、

ちょっとひるんでいます・・・ちょっとずつ出すしかないかな。(笑)
いつもこれでほとんどを仕舞い込んだままになるので、今年は少しは改善するようにと思っています。


なので今日、さっそく一枚だけ。
この春一番の、私の桜と富士山です。




BLOG9896 (2)




さあどうだ~! と言いたくなるような、大きな富士山! 満開の桜! (笑)
毎年その年なりに気に入った写真は撮れるのですが、今年はなんだかすごい。

実はこういう写真、よくあるようでけっこう難しいのです。

富士山と桜がこんな風にぴったり近く重なってくれるスポットはなかなかなくて、たいていは富士山がもっと小さく写ってしまうことになるし、

電線や建物、看板、お花見の人々など、周りに余計なものが映り込むのを避けるのも、難しいのです。

なのに今年は、よく行く公園の中にこんなアングルで撮れるところがあるなんて、今まで全く知らなかったのに、歩いていたらふと行きあい、驚きました。


人目を気にしながらちょっと変なところに入ったり、危ないのに気を付けてその辺りに登ったり(笑)、なんてしなくても、簡単に楽々と、こんな最高の一枚が撮れてしまったなあ。

不思議ふしぎ。

それに、お天気といい、満開具合といい、本当にすべてがあつらえたように最高最善の一瞬でした。

種類にもよりますが、まだまだ蕾が多い木もあったので、翌日の方が本当の満開かな、と思っていたら、翌日はもう散り始め、翌々日には驚くほど散り落ちて、葉桜になってしまっていたのです。

本当に何もかも最善すぎて、いいのかしらと思うほどでした。
(今までだって十分ラッキーなことを体験しているのに、まだ完全に信じていない小心者ぶり。笑)


今年最高の富士山の一枚はこれですが、他の最高が色々あるので、少しずつ出して行こうと思っています。日本の浅間神社の総本山の夜桜など、不思議なパワーを感じる写真もあるので、お楽しみに♪


※去年の富士山本宮浅間大社の桜の写真は、あまりたくさんないけど、こちらでご覧になれます。

桜と薔薇・変わり続ける「私」という実感

今年の桜~富士山本宮浅間大社

夜桜は太古の神々の時代の香り

お花見ケーキ


去年はとっても大人しい、いまいちの写真ばかりでしたが、今年はあんなもんじゃないからね!
とだけ、予告しておこうかな。(笑)


********

※ブログランキングに参加しました。
クリックしていただけたら嬉しいです。(一日に1クリックのみでOK!)

人気ブログランキング

********









クララのような前世1~窓の外に憧れた一生



前回からの続きです。
まだの方はこちらからどうぞ → 「見えないものが見える友人~ルカちゃんの告白」

*****


繰り返しになりますが、不思議な話はよく耳にしていましたし、本でも好んで読み、自分自身でも体験があったのですが、理性では強く否定していて、私は長年ほとんど信じていませんでした。

なので、霊能力者といったタイプの人に自分から何かを聞くようなこともなかったのですが、その時以来、ルカちゃんからは色々と不思議な話を聞くことが増え、

あんなに最初の時に衝撃を受けたにもかかわらず、まだ前世などの不思議な話を全面的には信じることができずに半信半疑ながらも、ルカちゃんの話は否定することなく楽しく聞いていました。

自分に突然降って湧いた特殊能力に混乱していた彼女にとっても、疑ったり否定したりする気配が全くなく私が彼女の話を信じたので、拍子抜けするほどほっとして、とても勇気づけられたようでした。


その電話からひと月ほどあとに、また彼女と電話で、自分に合ったリラックス法について話していたら、「花陽さん、脚をマッサージするといいですよ」と言われました。

私には本物の火が特に効くので、キャンドルを灯してじっと見つめると、心身の安心感につながって癒しになる、というのも、緑茶より今は香りのいい紅茶を淹れるといい、と言われたのも、

どちらも私のもともと好きなものなので、なるほどと納得なのですが、なぜ突然脚のマッサージが出てきたんだろう? と不思議に思って聞いたところ、

誰でも背後に、今の自分に一番強く影響を与えている「前世の自分」というような人がいて、私の場合その人が生前脚(足)が悪かったので、少なからず現在の私にもその影響があるのだというのです。

(背後の人は、時期により自分の状態により、入れ替わったりするということでした。)


脚は別に、今、なんともないけどなあ、と思いつつ、そういう時、ルカちゃんが一生懸命、自分に見えているものを言葉にしよう、私の役に立とう、としてくれる真心が伝わって来るのが嬉しくて、

いつも私は、彼女のそういう話を素直に聞いていました。


どこの国かははっきりわからないけれど、フランスとかドイツとか、数百年前のヨーロッパのどこかだと思う。

脚が悪いので外で遊べず、石造りの大きな家の窓から、一人でいつも外を見ていた女の子だった前世があるんです。

とルカちゃんが言うので、ん? それはどこかで聞いたことがあるような、と思い、半分冗談で、

「あはは、まるでクララみたいだね。ほら、アルプスの少女ハイジの。」
と言ったところ、彼女は、自分に見えているイメージが伝わった! とばかりに嬉しそうに、

「あ、そう! そうです! ちょうどそんな感じなんです、まさにクララみたいな子でした。時代はちょっと違うかもしれないけど。」と・・・。




93f998ff-90 (2)




家は裕福だったので、衣食住に不自由はなかったものの、冷たい父親はじめ家族とは心の交流もなく、家の中に閉じ込められたまま、いわば一生飼い殺しの状態で、40歳くらいで孤独のまま亡くなった。

生前は物語が好きで、本を読んでいる時だけは自由に外の世界を歩き、旅することができるのを楽しんでいたし、誰に届くこともなくても、繊細な詩をひっそりと書いたりもしていた。


その人が、花陽さんにはもっと自由に色々なところを見て歩いて、旅をして、人生を楽しんでほしいと思っているんです、と、

とつとつと語る彼女の話を総合すると、そういう内容でした。


ここで、その前世の記憶をふっと思い出した、なんて書けたら素敵なのですが、正直、その時も全然ピンと来ず、残念ながら今もってそんな前世の記憶が私の中に浮かぶことはありません。

でも、その話を聞いている最中から、ひとつの古い記憶を思い出していました。


(続く)→ 続きアップしました「クララのような前世2~古い記憶との符合










 *Welcome My Sunny Rosy Room*
    **クリックありがとう!**

*どちらも別ウィンドウで開きます*

user-banner[1]

**********
line1 (2)-85
          記事検索
        *contact*
       *花陽の別ブログ*
愛する物語世界の浪漫、美しい日本語、
名前の持つ不思議な力など・・・更新中!
       ギャラリー (Click!)
  • 秋薔薇の季節
  • 小さな花のリング
  • 秋めくココロ2~すみれ色のスワロフスキーとボルドーの薔薇
  • 秋めくココロ2~すみれ色のスワロフスキーとボルドーの薔薇
  • 「秘密」
  • 秋めくココロ1~長年の憧れ・YUWAの”Gloria”
  • ただ、そのままを見る~記憶と感情のオプション選択
  • 愛しい恐ろしい私たちの日本~Amazonもクロネコも郵便局も
  • 私の色・BO11~魅惑の色彩オーラソーマ
  • 再会~おかえり、私の愛するもの、愛すること
  • 久しぶりの夕陽~したいことを優先する体験
  • 強烈な直観?~わかるはずがないことがわかる時
  • 結ばれる願い~淡色リボンとスワロフスキーのブレスレット
  • 幸せは自分が創り出しているものらしい
  • 富士山とツイッター(の可愛い子)に癒された日
        薔薇色工房

        **Gallary**

2012-1225-BLOG4269-90 (3)    BLOG6593 (3)    BLOG5947 (4)
BLOG7998 (4)    BLOG7628 (4)    DSCF6609 (3)-trim
DSCF4054 (3)-trim    2011-0519-BLOG8635-90 (2)    BLOG1995 (4)
ブログで育てた苗木を本物の大地に植樹しよう
        QRコード
QRコード
         ***
/*リンクの下線はなし、マウスオンで下線あり*/