さっきまで、今夜が七夕とわかっていても、全然興味がない気持ちでした。

なのになぜか、九時過ぎにちょっと用事があって外に出たら、なんだか妙に情緒的な気分というか、七夕気分になって、自分でも、おや? と思いました。

大好きだった、夏の夜のあまい香りを感じたのかもしれません。

あまくてせつない、夏草の香り。
そっと肌を撫でていく、静かな夜気。

大好きな、私の夏の宵。


(ここできれいな星空の写真を入れたいところですが、自前のものがないので、私が「星空王子」と呼んでいる北海道の写真家、松井保さんの素晴らしい星空をどうぞ。→  Milky Way )


子供の頃から古典や歴史が好きだった私は、中学高校で知識が増えると共に、旧暦の方が体が感じる実感と季節感が一致していることが多いと感じるようになり、

中でも特に七夕は、新暦でやっても全くのミスマッチで意味がないのになあ、と思っているのです。

自分にとても意地悪な見方をする癖がついていたので、新しい知識にかぶれて、若気の至りで意気込んでそう思ったのかと、当時から疑っていたのですが、そうではなく、今でも自然にそう思います。


だって七夕は、元々は夏が終わって秋に入った頃の季節感覚のもの。
本来なら、今の8月末の頃の行事で、今年の場合は8月28日が旧暦の七月七日です。

その頃は空も澄み、星がきれいに見える季節だから、織女と牽牛はちゃんと逢える確率の方が高い。

今の日本の梅雨の時期を背景に考えたら、一年に一度、その夜にしか会えないなんて、ほぼ逢うことができないという意味の、ひどく意地悪な罰になってしまうけれど、本来はそうじゃないんです。

七月七日という日付ではなくなっても、行事の名前には七が残るわけだし、旧暦の方が、ずっといいのになあ。

晴れた夜空のキラキラのお星さまに向かっての方が、お願いも届きやすそうに思えます。


と、それはともかく、急に七夕を意識したら、なぜか不意に掛詞のようになって、少し前に作ったブレスレットのことを思い出したので、その写真をアップしておきます。

久々の薔薇色工房の新作として、minneのギャラリーにもアップしていますので、よろしければそちらもご覧ください。




BLOG1438 (2)-p




今日のタイトルにも書きましたが、ちょうどリボン結びをモチーフに使っていることもあり、「結願(けちがん)」とかけてみました。

結願とは、かけた願いが結ばれること、願いが叶うこと。

七夕にこのブレスレットの画像をアップして、自分の願いも、皆さんの願いも、結ばれますようにと願います。

叶うその日を、楽しみに・・・。




BLOG1430-p2 (2)




このブレスレット、以前何度か記事に取り上げた少女アスリートのKちゃんの、再びの依頼で作ったものなのです。

無事高校生になったKちゃん、一年生でもトップレベルの選手として期待されていて、さっそく先輩とダブルスを組んで、試合に出ることになったとか。

前に作ったブレスレットも、依然幸運のお守りとして、大事に練習や試合の時に着けてくれているそうなのですが、ダブルスの時のために、先輩とお揃いのブレスレットが欲しい、と。


どんなのがいいの? と訊いたのですが、今回は前回にもまして全権委任というか、丸投げというか(笑)、具体的には全然希望を言わないのに、

他の女の子たちが羨ましがるような、かわいくて、ガーリーだけど甘すぎなくて、センスが良くて、お店では見たことがないようなもの、

と・・・それ以上にハードルが高いことがあるだろうか、という、姫さまのご要望。 (笑)




BLOG1443-p




私がそう言ってもKちゃんは、とにかく私に頼んでおけば、自分には思いつかないとっても素敵でかわいいものを作ってくれる、と信頼しきって疑わない様子。

アクセサリー以外のものも入れて、今まで彼女に作ったものが全部喜ばれたこともあり、だんだん私も慣れて来て、世代の差やセンスが合わなかったら? という心配をしないようになってきました。


まあ、世代に合わせて私の好みじゃないものを作ろうとしても所詮無理で、逆に変なものができてしまう可能性が高いし、自分のセンスの範囲内で、Kちゃんが喜びそうなものを作るしかない、と、

ごく当たり前でシンプルだけど、そういう当たり前のことが、最近次々腑に落ちてきた気がします。

そして自分がわくわくするものを、大切に(丁寧に)楽しく作ることが、やっぱり一番大事では、と。
作ったものには、私のその時のエネルギーが入るわけだものね。




BLOG1457-p




Kちゃん、今回もものすごく喜んでくれました。

喜んで、というか、最初は「笑顔も言葉も出ない」ほどの反応で、緊張した真剣な顔になっていましたが(笑)、台紙から外して腕に着けてみて初めて、嬉しい! と実感が湧いたようです。

そんなに驚いたり、緊張するほど喜んでくれるなんて、期待を裏切らなかったようで、よかった。

Kちゃんがラベンダー色、先輩がピンクを着けて、試合に向けて練習しているそうです。


このブレスレット、Kちゃん世代だけでなく、大人の女性にも楽しんでもらえるデザインとして考えました。

リボン結びを長めにしたり、色合わせを大人っぽくしたことで、大人も身に着けられる上品な可愛らしさになったと思います。

興味のある方は、詳しい仕様や他の画像を、ぜひ薔薇色工房でご覧になってくださいね。
現在、ラベンダー色の在庫が一点あります。



ではではみなさま、七夕の夜をゆっくりお休みください。
最後にもう一枚、素敵な星空の写真を。(PCでご覧の方は、写真をクリックすると大きくなって迫力ですよ。)

私の願いも、皆さまの願いも、すべて素敵に叶いますように。





↓今日は忘れなかった!(笑)
********

クリックいつもありがとう!


(一日に1クリックのみでOK! PCの方は別ウィンドウで開きます。
スマホの方は、ランキングページからタイトルをクリックして、戻ってくることができます。)

********