薔薇色の部屋

ちょっぴり工事しつつ更新します

動画

うっとりするほど素敵な人




前回の記事で、次回は久々にキラキラ系の写真をアップすると書いたのですが、
さっき見た映画の予告動画に思わずうっとりしてしまったので、

ちょっとそれをアップしてみます。
う~ん、この映画観たいなあ。

あ、うっとりする類の映画ではないのですが、
私がうっとりしたのは、この映画の監督です。







ご存知、クリント・イーストウッド。

映画俳優としても有名な人だから、もちろんもともとの容姿がいいのは間違いないし、
世界中の役者や映画作りを目指す人たちが集まるハリウッドで一流になるような人は、

皆、人生を無自覚に生きているタイプの人とは生気が違う、いい顔をしているのだけれど、
どうしてかなあ、私、最近になってイーストウッド監督の素敵さを前より感じるようになって、

それらたくさんの素敵な人たちの中でも、特にすごい人、素敵な人、
生きている生身の本人に会ってみたいと思う人、と感じるようになりました。


うまく言えないのがもどかしいけど、とにかく、この映像を見ただけで、ものすごくうっとり。
年齢も性別も超えて、一人の人間としての命の力が輝きだしている、とでもいったらいいか。


不思議だなあ、彼の古い出演映画にはほとんど興味もないし、観てみてもあまりかっこいいとも思わなかったし、監督になってからの作品が特にものすごく好き!というわけでもなく、

私にはむしろ内容的に重すぎる感じがしていたのに、

彼や彼の作品ではなく、私自身が変化してきたのか、
最近は見るたびに、どんどん魅力的になっている気がします。

こんな紹介動画で姿を見ているだけで、いい気分になるくらい、素敵な人。
この人と一時間話せたら、私の中にどんなすごいことが起きるだろうか、と思うくらい。


こんな顔をしている人の近くに、行きたいなあとしきりに思う今日この頃。
本当は、自分がこんな顔の人間になりたいんだと思う。

こんな顔になるような、そんな毎日を生きたい。
私にとって、それはどういう毎日だろう。


映画の内容にも興味があるし、面白そうだし、久しぶりに劇場に行こうかな。
実はもう一本見たい映画が10月公開なので、秋は数年ぶりに映画館へ何度か行くことになりそうです。

とっても楽しみ。


あ、予告通り次回はキラキラ系画像をアップします♪











ありのままの自分を愛するということ





ありのままの目の前の現実を見る、とか
ありのままの自分を受け入れる、とか

言葉では理解できないようなことではないけど、
それはどんな感覚なのか、と

いつも思っていたこと。

今もまだわからないし、正解がひとつあるわけでもないのだと思うけど、
前よりも少し、それがわかってきた気がすることが、

この頃時々ある。






なぜだか今日、見ていたら涙が出てしまった動画二つ。


希望は、ない。
その意味が理解できる感覚と、

でも人間として生まれたからには、俗世の幸福に思えることを自分に与えたい、
そうした望みや自然な欲を持っている、これまで通りの煩悩ある人間として生きよう、

そう思う気持ちとの、
二つの間で、行ったり来たりしているけれど、

それさえも、なるようになると見守ることしかできず、
操作は無理なんだろうな。


この思考が「私」だと思っているこの生き物は、今まで思い込んできたように、
私が何かを無理強いすることなんて、根本的には、実は全くできないのだ。


それをして一瞬は思い通りにできた気がしても、どこかにひどいゆがみが生じ、
すぐに強いた無理よりずっと大きな不都合が発生する。

やっとそれくらいはわかってきた。
・・・慣れなくて、無理強いの代わりにどうしたらいいのか、

長年の付き合いのはずなのに、
まったくわからないことが、多いけど。


でも、ちゃんと愛したい、感じて、わかりたい、
共に生きたい。

確実に前より受け入れ始めたとたん、
今まで知っていた自分とは別人のように感じて戸惑うほど、

次々と新しくなる視界に、感覚に、そのたび途方に暮れるけれど。






知らなかった、思いもしなかった、今までの記憶と全く違う自分でも、
それでもこの命として生きている私を、受け入れたいと思う。

私と、その私が見ている世界を。














サンキャッチャーが散らす虹




昨年秋に撮った短い動画です。

古い型のコンパクトデジカメで撮ったので、画像が荒いのですが、
私の部屋にサンキャッチャーの作る小さな虹が無数に散る雰囲気は、伝わるかと。

音楽をつけていくつか作ったうちから、まずはエリック・サティ「ジュ トゥ ヴ」をどうぞ。







つづいてマーラーの交響曲第五番より。

最初に指が出て来るだけでなく、

虹をよりはっきり写したくて、部屋を暗くして写しているため、途中、カーテンを引いて光を調節しようとした私の腕が写りこんでしまっていますが、あえてその部分もカットせずに残しました。

一瞬、腕の上にも虹が落ちるのがはっきりと写っています。







これらを撮っていると、もうちょっとはっきり写せる機器が欲しくなります。
あと、壁の一部ではなくもっと部屋全体を写せたら、私の見ている風景が伝えられるのになあ、と。

複数の壁や天井、床までに、キラキラと小さな虹が舞うのは、
何度見ても美しく、飽きることがありません。


でも、部屋全体を惜しみなく見せられるほど、広くて立派な部屋ではないので、
小さな私の城の中は、この辺りまでを写すのが精いっぱい。

このためにビデオを買いたくなるのは、我慢しておきましょう。(笑)
友人の皆さんは、部屋に見に来てくださいませ♪









 *Welcome My Sunny Rosy Room*
    **クリックありがとう!**

*どちらも別ウィンドウで開きます*

user-banner[1]

**********
line1 (2)-85
          記事検索
        *contact*
       *花陽の別ブログ*
愛する物語世界の浪漫、美しい日本語、
名前の持つ不思議な力など・・・更新中!
       ギャラリー (Click!)
  • 私の色・BO11~魅惑の色彩オーラソーマ
  • 再会~おかえり、私の愛するもの、愛すること
  • 久しぶりの夕陽~したいことを優先する体験
  • 強烈な直観?~わかるはずがないことがわかる時
  • 結ばれる願い~淡色リボンとスワロフスキーのブレスレット
  • 幸せは自分が創り出しているものらしい
  • 富士山とツイッター(の可愛い子)に癒された日
  • 富士山とツイッター(の可愛い子)に癒された日
  • 空白と感じるところに、本当は何があるのか~小さなマウス
  • いつも・いつまでも
  • 薔薇園の夜
  • 最愛の季節~醒めないあまい日々
  • 永遠に解き明かせない「あなた」~蠍座の水は牡牛座の大地を潤す
  • プロフィールをアップしました~刹那的が悪で、計画的が善か
  • 最高の一瞬(いっとき)~今年の桜と富士山
        薔薇色工房

        **Gallary**

2012-1225-BLOG4269-90 (3)    BLOG6593 (3)    BLOG5947 (4)
BLOG7998 (4)    BLOG7628 (4)    DSCF6609 (3)-trim
DSCF4054 (3)-trim    2011-0519-BLOG8635-90 (2)    BLOG1995 (4)
ブログで育てた苗木を本物の大地に植樹しよう
        QRコード
QRコード
         ***
/*リンクの下線はなし、マウスオンで下線あり*/