薔薇色の部屋

毎日にあふれる 私の "大好き!"          

音楽

愛してるって、もう認めて~Call Me When You Get This












「Call Me When You Get This」
Corinne Bailey Rae




どんな感じ?
私の腕の中にいるのって

どんな感じ?
私に愛されているのって


こんなに長く私をひとりにして
それで私が愛したくらい
あなた 誰かに愛されたかしら



もうわかってるでしょ
誰も私のようには
あなたを愛することはできないって



もう認めて
あなたは私の魂の奥底に触れるの
ただ隣にいるだけで

私の毎日には
あなたがいないとおかしいの


だから まだ起きてたら
ねえ
届いたよって電話して
了解、って



今まで感じたこともなかった
美しい歌が、詩(ことば)が 
今 
私の中にあふれてる


知ってた?
あの夜 静かに眠るあなたの顔を 
初めて見るまで、私

あんなに美しいものを 見たことがなかった



もう認めて
あなたは私の魂の奥底に触れるの
ただ隣にいるだけで

私の毎日には
あなたがいないとおかしいの


だから まだ起きていて
聞こえたら電話して
了解、って



ほんとに知りたいの ねえ、どんな感じ?
深く 信じ切って 愛されるって

思いもつかなかった
まるで私の中に 小さな火山が宿ったみたいに
こんなふうに誰かを 愛するなんて

私、怖くて
抑えていたけれど
それでも誰もあれほど
あなたを愛せないわ



もう認めて
私はあなたの魂に触れるの
ただ隣にいるだけで

ふたりの人生には
互いが必要なの、それが自然なの


だから いとしい人
まだ起きてるわよね

今すぐ電話して

了解、
愛してる って





(意訳 花陽)










********
クリックいつもありがとう!



********

星のように、天使のように、現れたあなた ~ Like A Star




(目を閉じて聴いて)







「Like A Star」
Corinne Bailey Rae




夜空を流れる星のように
物語の頁から抜け出した天使のように

あなたは私の人生に現れた


二度とそれまでの私には戻れない
胸の中に響く歌のように
肌に染み込んだオイルのように

もう 消せない

あなたを愛してる



わからなかった
どうしてあなたとだけ 喧嘩してしまうの

どうして いつも いつも
何もかも わからなくなってしまうの



あなたの眼差し 言葉にできない
命の炎が燃えて揺らめく


もし この世のすべてが消え失せても
あなただけは決して消えない
私の隣から


天国からあまりに離れたこの場所で
見つけられないの
 
この歌を綴る言葉
あなたの愛を語る言葉が



わからなかった
どうしてあなたとだけ 喧嘩してしまうの

どうしてあなたにだけ
心を隠せないの

どうして いつも いつも
何もかも わからなくなってしまうの



やっとわかった こういうことなのね
謎は解けた
本当はもうわかっていた


あなたが私の たったひとりの人


長いこと 闇の中で迷っていたけれど
今夜からは
「真実を受け入れた私」



夜空を渡る輝く星のように
物語から抜け出した気高い天使のように

あなたは私の人生に現れた


二度とそれまでの世界には戻れない

胸の中に響く歌のように
肌に染み込んだオイルのように


愛してる 
ああ

あなたを








(翻訳 花陽)









********

クリックいつもありがとう!




********



愛してる あなただけを~夏の夜の恋詩










夏の夜 ほのかな月光

闇の中のくちなしの香り

あなたの気配が微かに揺れる

あたたかく すぐそばに

肌に触れるほど 



いつもあなたを探してた

どこにいるの いつ戻るの

私を

どうしてひとりにしておくの



やっと気づいた

あなたがいつもここにいたこと

それをずっと知っていたこと

知っていた  感じていた 

いつもあなたを



何年も昔 不思議な人に言われた

あなたが私から離れたことは 

一度もない と

いちども どこへも

行くことはできないのだと


生まれる前から 

そしてこれからも



ああ そう

私はそれを知っていた 感じていた

それがわかった やっとやっと


私があなたを愛しているのは

あなたが私を愛しているから


あなたが私を感じているのは

私があなたを想っているから


私があなたを あなたが私を

どうしようもなく いとおしいのは

同じ魂から分かれた 半分ずつのふたりだから


命の最初より前から 

一緒だから



魂は知っていた

いつもわかっていた 

この心も、体も 


この世で出逢う前から なつかしい、いとしい人

たったひとりの わたしのあなた


あなたの心が 私から去ることはなく

私の面影が あなたから消えることもない

いつまでもどこまでも ずっと

宿命もより深く



愛してると

唇で呟くこともいらないほど

あいしてる


あなただけを
















 

2曲とも入っている大好きなアルバム。(もう15年も聴いてるのか・・・!)





********

クリックいつもありがとう!




********
 *Welcome My Sunny Rosy Room*
    **クリックありがとう!**

*どちらも別ウィンドウで開きます*

user-banner[1]

**********
line1 (2)-85
          記事検索
        *contact*
       ギャラリー (Click!)
  • 命尽きても終わらない愛~今生の私のテーマ
  • 命尽きても終わらない愛~今生の私のテーマ
  • あの日の夕景
  • 思わずぎょっとしたネットの偽表示
  • あまく、やさしく~5月の薔薇
  • リカバリー後のPCの更なる不具合に対処した経験
  • 散り際の一瞬~今年の田貫湖の桜
  • 久しぶりのピアソラ~音楽は美しいこの世界のように
  • 美貌の母后の驚きの若さ~オスマン帝国外伝
  • 最高の癒し猫~まる大好き
  • 美はどこから生まれているか~オスマン帝国外伝
  • 肩こりに効き腕と手を美しくする~傾いた蓮のポーズ
  • 頬、ほんのり色づいて~紫陽花
  • 叶わぬ恋が成就したふたり2~オスマン帝国外伝
  • 叶わぬ恋が成就したふたり1~オスマン帝国外伝

        **Gallary**

2012-1225-BLOG4269-90 (3)    BLOG6593 (3)    BLOG5947 (4)
BLOG7998 (4)    BLOG7628 (4)    DSCF6609 (3)-trim
DSCF4054 (3)-trim    2011-0519-BLOG8635-90 (2)    BLOG1995 (4)
        QRコード
QRコード



/*リンクの下線はなし、マウスオンで下線あり*/ /*忍者バリアーによる拒否アドレス設定*/