薔薇色の部屋

ちょっぴり工事しつつ更新します

今夜の月と富士山~馬琴の十四日の月




少し前までの、寒くて雨ばかりの日々が嘘だったかのように、暖かくてピカピカの気持ちのいい晴天が続いたので、もう行きたくてたまらず、

今日は夕方からしか出かけられないから、向かい始めたらあっという間に夜になってしまう、とわかっていたけれど、ドライブに出かけてしまいました。


案の定、走り始めてわずか10分ほどでどんどん暗くなりはじめ、東に薄い円盤状の、ん、あれはなんだ? と一瞬びっくりするほどの、黄金色のまばゆい光が見えるのを横目にしながら、北へ。

すぐにわかりましたが、雲間に見える、昇り始めた今日の月でした。




BLOG2915-2




ああ、そうだ、今日は十四日の月。
満月の一日前。

滝沢馬琴が、大好きな「南総里見八犬伝」中で、「十四日の月隈なく照らして」と描いていた月。


有名な対牛楼のくだりで、まだたった十五歳の美貌の少年犬坂毛野が、身分を偽った女装のまま月影の下に走り出でて、親の仇を討った返り血で染まった頬をにっこりと微笑ませるシーンや、

続けて自分の倍もあるような大男の仲間を背負って、堀の上に渡した綱の上を渡り、敵の手から逃れる場面を思い出します。

あれは今のような秋ではなく、5月15日の夜だったけれど。


9歳の夏、母の実家にあった古い講談社の子供向けの本「世界名作全集」で初めて読み、日本画家玉井徳太郎の美しく気品ある挿絵と、めまいがするほど面白い伝奇物語に、

しばらく現実に戻れないほど虜になりました。

高校生になってから岩波文庫で、好きなシーンだけ原文を拾い読みしていったけれど、馬琴の躍動感に満ちた美しい七五調の文体に触れると、今もその時と全く変わらないときめきを覚えます。

以来、十四日の月は、私にとっては馬琴と八犬伝の月。
血沸き肉躍る冒険の物語のヒーローたちを、煌々と照らし出す月です。


           
(なんと、原文の岩波文庫はもう絶版。涙)(こちらは割といい現代語訳らしいです。)



話を現実に戻すと、1時間ほどで目的地に着いた時には、もうあたりはすっかり夜の帳が降りて真っ暗でしたが、月は高く輝いていました。

本当に久しぶりの田貫湖でした・・・ここは私にとっては、ちょっと気晴らしがしたい時にすぐに来られる、手軽で身近なドライブコースなのですが、今年は半年以上も走れなかったのです。


写真でおわかりのように、暗すぎて湖は見えなかったし、ただ近くまで走っただけになったけれど、連休とあってキャンプする大勢の人々の灯すあかりでキラキラと湖岸が賑わっていて、

それもとても愉し気で、きれいでした。




DSCF2905 (3)-blogsize




もう一枚。
ぼやけ写真でごめんなさい。

ちょうどこの時、薄雲が周りにかかって、雲が朧な輪郭になっていたので、三脚なしのコンデジで夜景を撮るのはもともと無理があるのですが、いつも以上に悪条件で、これが精一杯でした。

(左端に富士山の稜線を遮っているものがありますが、それは田貫湖岸の木立です。)


出かける時、富士山に近い方は、夜になるともう寒いし、行くまでの道も暗いし、途中で寂しい気分になったら、そこから引き返せばいいや、と思っていたのですが、

まるでそんな気持ちにはならず、田貫湖に出るまでの、鬱蒼とした森の中をくねくねと曲がりながら走る道でも、色々な意味でまったく怖くなく、自分でもあきれるくらい楽しいドライブでした。

夜の暗い森が一部だけ車のライトに照らされて浮かびあがると、かなりおどろおどろしい凄みがあって、以前夕暮れになってしまった時には、だいぶ怖いなと思ったのですが、今日は鼻唄混じり。(笑)

ペーパードライバーを返上して、この車に乗り始めた頃、山道は特に手に汗握るほど怖くて怖くて、早く運転に慣れて、こんな道なんでもなくなりたいけれど、果たしてそんな日が来るだろうか、

なんて思っていたのを、まるで何十年もの遠い昔のように思い出しました。


お月様と富士山に見守られたドライブ。

早く帰らなくてはいけない時間制限があったため、とんぼ返りで往復2時間のあっという間でしたが、楽しかったなあ。

今度はきれいな紅葉が撮れる日中に、マイナスイオンと美しい富士山&湖を満喫しに行きたいと思います。

気持ちの良い景色の写真が撮れたら、アップしますね!






********

クリックありがとう!


(一日に1クリックのみでOK! PCの方は別ウィンドウで開きます。
スマホの方は、ランキングページからタイトルをクリックして、戻ってくることができます。)

********



おそるべしパンダチョコ~中国初の清純恋愛小説「紅楼夢」




先日、少女アスリートのKちゃんにブレスレットを渡した時のこと。

Kちゃんの机の上に飾ってあったものに、思わず目を奪われました。
こんなの。




BLOG8144




見たこともないほどの人口過密状態で、なんていうか、うまく言えないのだけど、
むぎゅぅわ~ とでもいうか・・・・・・

私が余りに笑うので、Kちゃんまでつられて笑いだしてしまい、
中国のお土産なんだけど、開けてないから持ってく? と。

Kちゃん! これ持って帰って私に一人で全部食べろというの! と、また爆笑。
(こたつでこれを一人で食べる人を思い浮かべてください。)


せっかくだから食べてみようということになったのですが、
まず、箱が開きません。(笑)

先月のお土産なのに、テープがべたべたでプラスティックの箱と一体化していて、剥れない。
剥がすのではなく切ったけれど、それでも開かない。

蓋ががっちりはまりすぎていてびくともせず、二人で交代で力を入れたら、蓋ではなく箱の方が、メキッ! と鋭い音を立てて割れ、中のパンダが約二名、2メートルくらい先まで飛びました。


ますます笑いながらもKちゃんがひとつ取って食べようとしたところ・・・

「あっ! パンダじゃない!!」
「は?」




BLOG8146




どう見てもパンダだったのに・・・なんと、違いました。

写真がなくて残念ですが(撮るのを忘れて笑ってしまって☆)
小さな白い玉が二つ入っていて、パンダは袋に印刷してあるだけだったのです。

これは・・・アイディアの勝利というべき?(笑)


そしてさらに、一口食べたKちゃんが

「え? これ・・・チョコ・・・? 」




BLOG8145

招財熊=Lucky Bear なのね




指の先ほどの小さな白い球を二つに割ってみたところ、

商品名にはっきりCHOCOと記され、ナッツ入りのチョコレートの絵が描かれているにもかかわらず、
白い砂糖コーティングの下に、舌が感知できないほど薄いチョコレートの層があるだけで、

ナッツなどどこにもかけらもなく、あとは全部スポンジのようなものでした。


・・・不思議な味でした。少なくとも、チョコ味ではなかった。(笑)


まだ中学生のKちゃんと、日本ってなんでもおいしい国だよねえ、世界一だよね、商品の水準も高いんだよね、としみじみしてしまいました。

日本の商品で蓋が開かないなんて、まずあり得ない、開けにくいことさえほとんどないものね。
パッケージの記載と中身が違うなんてもの作ってしまったら、日本でだったらオシマイでしょう。


普段は当たり前のこととしてつい忘れるけれど、日本人の繊細さ几帳面さ真面目さ等々は、とにかく世界レベルで抜群なんだと痛感します。何もかもとにかく水準が高い(違う)んですよね。

それがすべての面でいいとは限らないということは置いておいても、

鎖国を解いた後も、第二次大戦後も、日本がものすごい勢いで変わることができたのは、本当に他の国には真似できない特殊なことだったんだろうなあと思います。




BLOG4226 (2)
数年前に処分した古いスケッチブックの中の一枚。
清朝中期の有名な小説「紅楼夢」の現代画本を模写したものです。





・・・と、そんなことを反射的に思ってしまったけれど、
それにしても、おそるべし中国(のお土産)。

中国の文字も文化もたっぷり受け継いでいる日本に生まれて、唐詩も史記も聊斎志異も大好きだけど、

いやあ、大陸って、現代もAmazingだわ。(笑)



【追記】

「中国劇画紅楼夢」もう絶版だけど、中古が手に入るよう。

それまでなかった未婚の男女のプラトニックな恋情を描いた物語として、清代の若者の心を虜にし、物語に焦がれて死ぬ熱狂的ファンまで出たという、転生を縁起とした長編小説です。

私は取らなかったのだけど、高校で世界史を取った人なら、知っている名前なのかな。
余りの影響力の強さに排斥された時代もあったようですが、今は文学的にも高く評価されています。


これはその小説を紙芝居のように絵をメインにして綴ったものですが、私が持っている第一巻は、もう黄変してボロボロ。

(できるだけ本の価格を抑えるために、かなり安価な紙を使ったのだと思います。本屋さんで初めて手に取った時に、ずいぶんガサガサした紙だなと思ったもの。)

それでも絶対に捨てない、大好きな本です。

恋のフィクションなど珍しくもない現代に生まれた私にも、主人公ふたりの恋の行方とともに、絵が美しいことと、そしてなにより描かれている当時の名家の内情や風俗が、たまらなく面白い。

何人もの画家が競うように描いているのだけれど、いずれもものすごい緻密な絵で、(縮小されていてワンカットが小さいし)、時間を忘れて見入ってしまいます。


このしつこいまでの細密描写が、建築装飾や服飾文化などにも共通している一方で、なぜか恐ろしいほど大味というか、大雑把な性質が文化の随所に見られる両極端さは、本当に広大な国ならでは。


ところで私は第4話を描いている人の絵が一番好き。
・・・って、誰も知らないよね・・・(笑)












アーサー・ラッカムの「眠れる森の美女」と「シンデレラ」





BLOG4195 (2)



前回の記事の最後の方にちょっと名前を出した、
アーサー・ラッカムの「眠れる森の美女」の挿絵の一枚。

これともう一冊、「シンデレラ」を持っているのだけれど、
どちらもそれはもううっとりの美しい大人の絵本です。

絵本とは言えないかな、本文もけっこう長く、ところどころ古風な単語を使っていたりして、
どちらも全部で100ページ以上のものだから。


Amazonで探してみたら、子供用の短縮版とか、表紙以外挿絵がないらしいものとか、はたまたペーパーバック版(ソフトカバーの意味?)などなど、混乱するほど多くの版が出ていて驚きましたが、

すべての挿絵が入った、1920年に発行された時の限定エディションを復刻したものが出ていました。

私のは古くて保存状態が悪い上に、もともと紙や印刷が日本の出版物のように良くないので、
この、割と印刷が良さそうな復刻版が欲しくなってしまいました。(笑)

繊細なイラストだから、良い紙に良い印刷でないと、絵の細部がつぶれてしまうのです。


「シンデレラ」は電子書籍版で安いものがあってびっくり☆下のリンクからアマゾンへ行くと、
『なか見検索』で最初の方を見ることができるので、良かったら行ってごらんになってみてね。

表紙に彼女が馬車に乗ってお城に行く豪華なシーンを使っているし、
これだけでもラッカムの影絵風挿絵の美しさが十分に伝わって、楽しめると思います。
   
     


でも左右見開きの2ページで一枚の絵になっていることも多いから、
電子書籍だと、せっかくの挿絵が真ん中から断たれたものを見ることになってしまうと思うのです。

デジタルデータだと印刷状態に左右されずにいいかなと思うけれど、その点が残念。
この表紙も本来のイラストの右半分で、左には魔法使いのお婆さんがいるのですよ。


このお試しページの何枚かでもわかりますが、シンデレラがまだ少女のような華奢な体型に描かれているせいで、ぼろを着て泣いているところなどはひときわ頼りなげでかわいそうに感じるのに、

魔法でドレスを着て盛装した時には、初々しい色気が漂います。

一方、眠れる森の美女は、シンデレラよりもう何歳か年上の、
少女ではなく娘という感じに表現されています。

最初に載せた画像は、眠れる森の美女のお母さんであるお妃さまが、まだ彼女を生む前の一場面なのですが、娘というよりは上の年代に入った女性の雰囲気や色っぽさが出ていますよね。

シルエットを描いているだけなのに、その情報量は写真と比べても劣らないほど。
絶妙なセンスにも、技術の緻密さにも、圧倒的な表現力にも、ため息が出てしまうラッカムの絵です。


やっぱり、きれいな復刻版、いいなあ・・・。(笑)




               

 





 *Welcome My Sunny Rosy Room*
    **クリックありがとう!**

*どちらも別ウィンドウで開きます*

user-banner[1]

**********
line1 (2)-85
          記事検索
        *contact*
       *花陽の別ブログ*
愛する物語世界の浪漫、美しい日本語、
名前の持つ不思議な力など・・・更新中!
       ギャラリー (Click!)
  • 時を越えてあなたと~Did I Not Love You
  • 久しぶりの夕焼け
  • 秋薔薇の季節
  • 小さな花のリング
  • 秋めくココロ2~すみれ色のスワロフスキーとボルドーの薔薇
  • 秋めくココロ2~すみれ色のスワロフスキーとボルドーの薔薇
  • 「秘密」
  • 秋めくココロ1~長年の憧れ・YUWAの”Gloria”
  • ただ、そのままを見る~記憶と感情のオプション選択
  • 愛しい恐ろしい私たちの日本~Amazonもクロネコも郵便局も
  • 私の色・BO11~魅惑の色彩オーラソーマ
  • 再会~おかえり、私の愛するもの、愛すること
  • 久しぶりの夕陽~したいことを優先する体験
  • 強烈な直観?~わかるはずがないことがわかる時
  • 結ばれる願い~淡色リボンとスワロフスキーのブレスレット
        薔薇色工房

        **Gallary**

2012-1225-BLOG4269-90 (3)    BLOG6593 (3)    BLOG5947 (4)
BLOG7998 (4)    BLOG7628 (4)    DSCF6609 (3)-trim
DSCF4054 (3)-trim    2011-0519-BLOG8635-90 (2)    BLOG1995 (4)
ブログで育てた苗木を本物の大地に植樹しよう
        QRコード
QRコード
         ***
/*リンクの下線はなし、マウスオンで下線あり*/