薔薇色の部屋

毎日にあふれる 私の "大好き!"          

日常小物や雑貨など

今年の手帳はスワロフスキー仕様~三つ子の魂百まで





BLOG9896 (2)




とっても遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
まずは今年の年賀状に使った、去年の富士山画像を再アップしてみました。

なにもかもがいっそう素晴らしい一年となりますように!




DSCF3186 (3)-p-blogsize




毎年使っている手帳の、今年の表紙。
透明なカバーの上に、ちょっぴり手を加えてデコレーションしています。

ピンクの丸い粒は、スワロフスキークリスタル。
去年アクセサリーの材料として購入し、その時は合わずに使えなかったものが、ぴったりでした♪



0000198136000[2]

(通販サイトからお借りした、デコレーション前の画像)





BLOG3190 (2)-p




この手帳、同じ作家さんが毎年この雰囲気を保って描いているので、時々飽きた気がする時もあるのですが、私にとっては今のところ一番使い勝手がよく、中までお花が描かれているのに慣れてしまって、

他のものを手にとっても、寂しく物足りない気がしてしまい、結局長年このシリーズを使っています。


”ちょっとだけデコレーション”も今までに何回もやっているのですが、カバーの外側にスワロを貼るなど、立体的にしたのは今年が初めて。

2次元の画像で見ると、少しうるさいようにも見えますが、実際にはスワロが常に光るだけでなく、周囲の素材と異質なので同化することもなくて、見た目もすっきりと華やかに光ってくれます。
 
 ※2016と2012の手帳デコ画像はこちらから。「記憶の無効化(後篇)~ハートの手帳」


必要な道具がない状態でやったので、この小さなスワロを予定通りの場所に、接着剤で汚さないで貼るのはすごく難しく、とても手間暇がかかったけれど、今までとは違う特別感が出て、大満足です。

でもまたこういうことをしたくなったら、必要な道具を買ってからにしよう☆

たったこれだけなのに、適切な道具がなかったばかりに、ひっくり返るスワロを戻しながら、手もカバーも汚しながらの、かなり面倒な作業になってしまいました・・・道具ってほんとに大切です。




BLOG3214-p




電気をつけてから、わざと暗めの写真を一枚撮ってみましたが、光り具合が伝わるかな?

写真でうまく伝えきれなくて残念ですが、実際には日中の自然光でも電気の下でも、小さいのにこんなに光るのかと思うほど、常にキラキラきらめいてくれます。

小さいといえども、さすがはスワロフスキークリスタル。
まさに「山椒は小粒でも」。(はるか昔、周囲の大人によく言われていた、愛着のあることわざ。笑)

毎日この手帳が目に入るたびに嬉しい気持ちになることができて、それだけでもう、大成功、大正解でした。




BLOG3189 (2)-p




強力な接着剤を使っても、使っているうちに擦れて落ちてしまうのでは、きれいな状態で一年間もたないかもしれない、やめておいた方が無難だろうか、等々、作る前にちらっと考えましたが、

こんな、自分しか使わない、一年限定の小さなものでさえ、色々なことを恐れて好きなようにしてみることができないなんて、そんなあまりにも楽しくない不自由なことは、もうおしまい。

今まで「常識はずれなことはしてはいけない」「普通でないと」「失敗することは避けるべき」などなど、無意識にある観念でどんなに自分を押さえつけてきたかを、この頃前にも増して痛感します。


「山椒は小粒でも」の頃の私は、3歳未満で長いセンテンスで大人とべらべらとしゃべりまくり、
(親戚や近所のお年寄りたちは、「花陽ちゃんとは世間話ができる」と。)

小学校中学年向けの物語本を読みふけり、感情表現が大きくて笑ったり泣いたり忙しく、

これも2歳半の夏、生まれて初めて連れて行ってもらったプールで、大人が飛び込み台から飛び込んでいるのを見て、自分もやる、と、一直線に走って大人用のプールに飛び込もうとするような、

(父が追いかけて止めるのだけど、隙を見て何度でもまたやろうとするので、両親、疲労困憊。)

そんな活力溢れる、心も体も脳みそもフルパワーフル回転の幼児だったのに。(笑)


何十年も昔のことなのに、そのころの自分を今年はなぜか、とても身近に感じます。
いつの間にか押し込めてきたその魂の生来の性質を、今年はどんどん、発掘し、息を吹き返させたい。

「三つ子の魂百まで」ということわざも、心強く思い出します。
これも私には、愛着のあることわざ。

10代に入っても幼児期の性質や単純さの多くがそのまま残っていた私に、よく母が呆れて言っていたのですが、私は勝手に誉め言葉だと変換して受け取っていました。(笑)

三つの頃の私のように、この2018年一年で、どれだけ心身ともに身軽で自由になるか、自分のエネルギーを感じて楽しめるか、今からとてもわくわくしています。








********

クリックありがとう!


(一日に1クリックのみでOK! PCの方は別ウィンドウで開きます。
スマホの方は、ランキングページからタイトルをクリックして、戻ってくることができます。)

********

秋めくココロ1~長年の憧れ・YUWAの”Gloria”



しばらくご無沙汰してしまいました。

更新がない間にも訪ねて来てくださった皆様、いつもありがとうございます。
もう少しの間、気まぐれ更新になるかもしれませんが、忘れずまた遊びに来てくださいね。


ひと月近く経つ間に、すっかり秋めいてきて、朝晩はずいぶん涼しくなってきました。

少し前から、夏の間はすっかり忘れていたり、まだ季節ではないと感じてしっくりこなかったりしていたもの、あれこれが、心の中に浮かんでくるようになっています。


例えばこれもそのひとつ。



BLOG1936 (2)



もう何年も前からずっと欲しかった、YUWAの帆布生地”Gloria”です。
素敵でしょう?

本当に何年もただ眺めるだけだったので、ネット上のお店では次々と売り切れてしまい、それでも購入する決心がつかず、たったひとつまだ在庫有となっているネット店を時々チェックしていました。

秋めいてきたのと、他にも探していたものがあり、先日久しぶりにそのお店のページを見たところ、在庫状況が「△(残り少ない)」になっているではありませんか。

あわてて必要な長さを計算して注文し、今日無事に届きました。


何年も待った憧れの生地、どんな気持ちがするかしらと思いましたが、数年ずっと見ていたせいか、ああ久しぶり、じゃないんだっけ、でも初めて会った気がしないね、とでもいうような感じ。(笑)

あまりに当たり前のような感じで、全然感激はなかったのですが、実際の生地を手に取ってみても、画面で見ていた時と同じように好きで、やっぱり購入してよかった、と思いました。

ほんのり胸があったかくなるような感じ。



BLOG1935 (2)



色違いのブルーです。

このくすんだやわらかなブルーもとても好きで、一枚目の生成りと合わせて、クッションカバーを作りたいと、最初に見た時から思っていたのです。(ほんとに何年前だろう。3年くらい? 笑)


でも、私の現在の住まいに、このクッションを置けるようなソファはありません。
今ある椅子においても、背もたれに隠れて全然見えないので、せっかくの美しい生地の意味がない。

なので、いずれ、このクッションを置いたら映えるような、素敵なソファを置ける生活になったら生地を購入しようか、

でもいつかその日が来たら、もう好みも状況も変わって、別のが欲しくなるかもしれない、

と思って、購入の決心がつかないでいたのですが、こうして手に入れたからには、たとえソファがなくても、先にクッションカバーだけ作ってしまうのもいいな、と思っています。

ほら、準備が整うと、現実になる、というし。(ソファを購入するような現実が来る、というか。)



BLOG1932 (2)



作ろうと思っているクッションの大きさに折って、並べてみました。

バックのブラウンの布が、カバーの裏面にしようと思っているツイル生地です。
これも最初から、あたたかみのあるこんな色と、もう一色焦げ茶とを合わせたかったのです。

ご覧になっている方にも、イメージが伝わるかしら。


縁取りに豪華なパイピングテープをつけたら、一層シックでこの生地に似合うかも、とも思うのですが、それだとクッションを抱いた時にそこだけ硬くて感触が悪いだろうと思うので、

今のところはシンプルに普通のクッションカバーにするつもりです。

帆布と聞いて、もっと厚くて硬い生地かと思っていましたが、予想よりずっとやさしい柔らかな手触りだったのも嬉しかったし、

この生地を汚したくはないけれど、でも私、そう思っていても絶対に、もふもふ抱きしめてしまうと思うので。(笑)

o0500037513975335479
パイピングテープってこんなもの。平たい部分が縫い代です。(画像はお借りしました。)



こうして最初にパッとイメージが湧いた好きなものは、自分の好みとして間違いがないし、実際に作ってみるまで気が済まず、ずっと忘れない自分の性格をわかっているくせに、

でも、子供の頃のような、どうしてもこれでなくては、というほどの強烈な執着心はないし、これを逃しても死ぬほど後悔するわけじゃない、

また別の素敵な生地との出会いもあるだろうし・・・

などなどと理性では考えるし、もちろん次なる出会いがあるのはそうだろうけれど、そんなことを考えてぐずぐずしているより、どんどん手に入れて作ってみて、使ってみるのが一番いいのですよね。

当たり前だけど☆


これは最近の実感でもあるのだけれど、作ったり買ったりして大切に使っているものも、永遠にもつものなんてなく、傷んだり消耗したりして、お別れの時が来て、新しいものと出会う時が来る。

だから、好きなものに出会ったら、手に入れないまま眺めていたりせずに、それと一緒に暮らせる時を実際に楽しみたいな、と思います。

また次の素敵な出逢いの時まで、ね。




※今までにYUWAの布で作った小物の画像が、過去記事にいくつかあります。
よろしかったらどうぞ見てみてね。

YUWAの生地でシートベルトカバー作成
YUWAの苺で作ったティッシュケース
薔薇のバレエシューズ1


※私が大慌てで注文したこの生地、生成りの方はまだ少し残っているようです。
もし欲しいと思った方は、急いでどうぞ!





********

クリックありがとう!


(一日に1クリックのみでOK! PCの方は別ウィンドウで開きます。
スマホの方は、ランキングページからタイトルをクリックして、戻ってくることができます。)

********








私の色・BO11~魅惑の色彩オーラソーマ




今日から8月なのに、梅雨が終わらないかのようなじっとりしたお天気続きで、バテバテの花陽です。
連日、眠くてだるくて、だるくて眠くて、もう・・・☆

みなさまもお体にはお気を付け下さいませ。
お互い、ひどく夏バテしないように注意しましょうね。


さて、今日は前回の記事に書いた、好きだったのに離れていたもののひとつの話を。

前回載せたこの写真ですが、ご存知の方もいらっしゃるでしょうか。



BLOG1622-p
珍しく、ちょっとソフトフォーカスにしてみました。



オーラソーマというカラーセラピーで使われる、100本以上の美しいボトルのうちの一本です。

ボトル11番。
「花の鎖」という印象的な別名がついています。


もう10年以上も前、確か大丸だったか、東京の百貨店の片隅で、白い棚にしんと並べられていたボトルの色の美しさに、色とキラキラしたものの好きな私は一目で魅力を感じ、

それからすぐにオーラソーマについての本を読んだり、ネットで無料診断を試したりしていました。

でも、多色の色鉛筆の画像を見るだけでも、うっとり眺めてしまって時を忘れるような私。

初ボトルが欲しいと思いながら、美しい色合いに迷ってなかなか選ぶことができず、やっと選んだのが、上の画像と同じ色の、小さいサイズのものでした。(ミニボトルは現在は販売終了。)




無題 (2)-p




購入してから数年後に撮った写真です。
手前のバレッタを撮った写真なので、ボトルは脇役としてぼやけていますが。


オーラソーマのボトルは二層の植物オイルからなっており、この美しい色も、ひとつひとつ違う素晴らしい香りも、石油系の色素などを使わず、ほぼ自然なものからできているそうです。

それだけでも驚きなのですが、ボトルが作られたいきさつも、かなりドラマティック。

子供の頃から人のオーラを見ることができる能力があったイギリス人の女性が、人生の後半に視力を失ってから、啓示を受けて作り始めたのだとか。

この美しい色を、盲目の人が作ったなんて・・・人間は本当は、常識とはかけ離れた、不思議な力と可能性を持っているのだと思わせてくれます。




名前ボトル2
(画像はアートビーイングHPからお借りしました)




私が選んだこのピンクのボトル、最初はピンと来ないまま注文したのです。
当時まだ私にとって、ピンク色というのは、自分とはかけ離れた、縁の薄い色でした。

ピンクの小物を持ったことさえないというくらいだったのを、少しずつ変えてみようとし始めていた頃で、自分にしっくりくる色は、白、ブルー、ラベンダー、というような寒色系だと思っていました。

オーラソーマのセラピーは、その時に気になるボトルを、4本選ぶことになっています。
そのボトルから、自分の本質、現在の状態や課題などが示唆されるようになっています。

私もネットでこの無料診断を時々試していたけれど、いつも似通った色のボトルを選ぶものの、その時によって違うし、4本一度に購入するより、最初に一本だけ欲しくて迷い、

結局、自分の「誕生数のボトル」である、上がクリアで下がピンクの、なんともやさしい、自分には不似合いな気がする色合いの、この11番「花の鎖」と呼ばれるボトルを注文したのでした。


というわけで、好きなものから一つ選ぶことができなかったから、あまり好きとは感じないけれど、専門家に勧められたものを選んだ、というような、あまりわくわくしない選び方だったのに、

不思議なことに、香りの好みがかなり限られている私ですが、このボトルは香りがたまらなく好きなのです。


その時はまだ知らなかったのですが、この美しいボトルは眺めるだけのものではなくて、中のオイルを自分の肌に塗布することで、色々な効果が得られるものだそう。

本来は4本のボトルを選ぶと、その人の本質、現在の状態や課題などがボトルの色に現れ、順を追ってそれらのボトルを使うことで、オーラを活性化し、魂からケアしていくのですが、

私のように誕生日ボトルや、「今年のボトル」などを使うこともOK。

私も今回のボトルが届いた翌日から、早速色だけでなく香りも楽しみながら、オイルを肌に使っています。

とても癒される一瞬です。




B011-3



さて、もうちょっとこの11番のボトルや誕生数について書きたいのですが、それは次の記事にするとして、今回はこの辺で、興味を持った方のためのリンクを紹介しておきますね。

よろしかったら、ご自分の誕生ナンバーのボトルなどを無料診断してみてください。

あなたの誕生数ボトル(と今年のイヤーボトル)


4本の好きなボトルを選ぶと、より現在の自分を知ることができる、「オーラソーマ・カラーリーディング」も楽しいですよ。

キラキラのボトルの色を見ているだけでも楽しいし、そのボトルが表す詳しい説明を読んだら、もしかすると心当たりのあることが書かれていて、びっくりするかもしれません。


☆オーラソーマのことや使い方の要点がよくわかる「クイックガイド」








(つづく)




※新しいもう一つのブログ魂は ものがたりを語るも更新中。
最新記事は「読めない名前を持つ父~「陽」の字が私を守った 2」です。

********

クリックありがとう!


(一日に1クリックのみでOK! PCの方は別ウィンドウで開きます。
スマホの方は、ランキングページからタイトルをクリックして、戻ってくることができます。)

********




 *Welcome My Sunny Rosy Room*
    **クリックありがとう!**

*どちらも別ウィンドウで開きます*

user-banner[1]

**********
line1 (2)-85
          記事検索
        *contact*
       ギャラリー (Click!)
  • 思わずぎょっとしたネットの偽表示
  • あまく、やさしく~5月の薔薇
  • リカバリー後のPCの更なる不具合に対処した経験
  • 散り際の一瞬~今年の田貫湖の桜
  • 久しぶりのピアソラ~音楽は美しいこの世界のように
  • 美貌の母后の驚きの若さ~オスマン帝国外伝
  • 最高の癒し猫~まる大好き
  • 美はどこから生まれているか~オスマン帝国外伝
  • 肩こりに効き腕と手を美しくする~傾いた蓮のポーズ
  • 頬、ほんのり色づいて~紫陽花
  • 叶わぬ恋が成就したふたり2~オスマン帝国外伝
  • 叶わぬ恋が成就したふたり1~オスマン帝国外伝
  • ふたつの喜び~5月の薔薇
  • 肩こりに効いて美しい腕になるポーズ~「綺麗になるヨガ」
  • 闇が落ちる一瞬前の

        **Gallary**

2012-1225-BLOG4269-90 (3)    BLOG6593 (3)    BLOG5947 (4)
BLOG7998 (4)    BLOG7628 (4)    DSCF6609 (3)-trim
DSCF4054 (3)-trim    2011-0519-BLOG8635-90 (2)    BLOG1995 (4)
        QRコード
QRコード



/*リンクの下線はなし、マウスオンで下線あり*/ /*忍者バリアーによる拒否アドレス設定*/