薔薇色の部屋

ちょっぴり工事しつつ更新します

日常小物や雑貨など

私の色・BO11~魅惑の色彩オーラソーマ




今日から8月なのに、梅雨が終わらないかのようなじっとりしたお天気続きで、バテバテの花陽です。
連日、眠くてだるくて、だるくて眠くて、もう・・・☆

みなさまもお体にはお気を付け下さいませ。
お互い、ひどく夏バテしないように注意しましょうね。


さて、今日は前回の記事に書いた、好きだったのに離れていたもののひとつの話を。

前回載せたこの写真ですが、ご存知の方もいらっしゃるでしょうか。



BLOG1622-p
珍しく、ちょっとソフトフォーカスにしてみました。



オーラソーマというカラーセラピーで使われる、100本以上の美しいボトルのうちの一本です。

ボトル11番。
「花の鎖」という印象的な別名がついています。


もう10年以上も前、確か大丸だったか、東京の百貨店の片隅で、白い棚にしんと並べられていたボトルの色の美しさに、色とキラキラしたものの好きな私は一目で魅力を感じ、

それからすぐにオーラソーマについての本を読んだり、ネットで無料診断を試したりしていました。

でも、多色の色鉛筆の画像を見るだけでも、うっとり眺めてしまって時を忘れるような私。

初ボトルが欲しいと思いながら、美しい色合いに迷ってなかなか選ぶことができず、やっと選んだのが、上の画像と同じ色の、小さいサイズのものでした。(ミニボトルは現在は販売終了。)




無題 (2)-p




購入してから数年後に撮った写真です。
手前のバレッタを撮った写真なので、ボトルは脇役としてぼやけていますが。


オーラソーマのボトルは二層の植物オイルからなっており、この美しい色も、ひとつひとつ違う素晴らしい香りも、石油系の色素などを使わず、ほぼ自然なものからできているそうです。

それだけでも驚きなのですが、ボトルが作られたいきさつも、かなりドラマティック。

子供の頃から人のオーラを見ることができる能力があったイギリス人の女性が、人生の後半に視力を失ってから、啓示を受けて作り始めたのだとか。

この美しい色を、盲目の人が作ったなんて・・・人間は本当は、常識とはかけ離れた、不思議な力と可能性を持っているのだと思わせてくれます。




名前ボトル2
(画像はアートビーイングHPからお借りしました)




私が選んだこのピンクのボトル、最初はピンと来ないまま注文したのです。
当時まだ私にとって、ピンク色というのは、自分とはかけ離れた、縁の薄い色でした。

ピンクの小物を持ったことさえないというくらいだったのを、少しずつ変えてみようとし始めていた頃で、自分にしっくりくる色は、白、ブルー、ラベンダー、というような寒色系だと思っていました。

オーラソーマのセラピーは、その時に気になるボトルを、4本選ぶことになっています。
そのボトルから、自分の本質、現在の状態や課題などが示唆されるようになっています。

私もネットでこの無料診断を時々試していたけれど、いつも似通った色のボトルを選ぶものの、その時によって違うし、4本一度に購入するより、最初に一本だけ欲しくて迷い、

結局、自分の「誕生数のボトル」である、上がクリアで下がピンクの、なんともやさしい、自分には不似合いな気がする色合いの、この11番「花の鎖」と呼ばれるボトルを注文したのでした。


というわけで、好きなものから一つ選ぶことができなかったから、あまり好きとは感じないけれど、専門家に勧められたものを選んだ、というような、あまりわくわくしない選び方だったのに、

不思議なことに、香りの好みがかなり限られている私ですが、このボトルは香りがたまらなく好きなのです。


その時はまだ知らなかったのですが、この美しいボトルは眺めるだけのものではなくて、中のオイルを自分の肌に塗布することで、色々な効果が得られるものだそう。

本来は4本のボトルを選ぶと、その人の本質、現在の状態や課題などがボトルの色に現れ、順を追ってそれらのボトルを使うことで、オーラを活性化し、魂からケアしていくのですが、

私のように誕生日ボトルや、「今年のボトル」などを使うこともOK。

私も今回のボトルが届いた翌日から、早速色だけでなく香りも楽しみながら、オイルを肌に使っています。

とても癒される一瞬です。




B011-3



さて、もうちょっとこの11番のボトルや誕生数について書きたいのですが、それは次の記事にするとして、今回はこの辺で、興味を持った方のためのリンクを紹介しておきますね。

よろしかったら、ご自分の誕生ナンバーのボトルなどを無料診断してみてください。

あなたの誕生数ボトル(と今年のイヤーボトル)


4本の好きなボトルを選ぶと、より現在の自分を知ることができる、「オーラソーマ・カラーリーディング」も楽しいですよ。

キラキラのボトルの色を見ているだけでも楽しいし、そのボトルが表す詳しい説明を読んだら、もしかすると心当たりのあることが書かれていて、びっくりするかもしれません。


☆オーラソーマのことや使い方の要点がよくわかる「クイックガイド」








(つづく)




※新しいもう一つのブログ魂は ものがたりを語るも更新中。
最新記事は「読めない名前を持つ父~「陽」の字が私を守った 2」です。

********

クリックありがとう!


(一日に1クリックのみでOK! PCの方は別ウィンドウで開きます。
スマホの方は、ランキングページからタイトルをクリックして、戻ってくることができます。)

********




空白と感じるところに、本当は何があるのか~小さなマウス





現実面でも自分の内面でも、随分と落ち着かないあわただしい日々を過ごして、気になりながらもブログの更新ができずにいました。

更新がない間も様子を見に来てくださっていた皆さま、本当にありがとうございます。
また少しずつ更新していきますので、遊びに来てくださいね。


何年も前に、どんどん本来の自分のものではなかったものを心身から落としていって、本当のあるがままの自分になりたい、自由にのびのびとした、魂の姿そのものになっていきたい、

という意味の詩を書いたのですが、このところしきりにその詩を思い出し、

詩を書いた時だけに限らず、常にそういう思いがあって、それに向かっているつもりだったけれど、そして大きく進歩した、それまでとは変わった、と感じた時も何度もあったけれど、

今思うと、全然だったんだなあ、と、
がっかりするような気持ち半分、驚き半分というような感覚を味わっています。


その頃は、どんなに自分でそちらへ向かって進んでいても、変化したと感じても、たとえていうと同じ土俵の上で位置が変わったに過ぎなかった、と感じるのです。

それは逆に、ふとある時、その土俵から違う所に降りたことを実感したくらい、色々変わったということなのですが、その感覚自体に、驚いたり戸惑ったり、改めて過去が情けなくなったりしています。

だからといって、けして「今までとは別人のように素晴らしくなった」というわけではなく、そこもまた、「現実というホログラム映像の中の、ひとつの別の土俵」というところだろうけど。(笑)


それくらい最近、「自分」というものの構成要素だと思っていた、あれこれの思考や感情反応、好み(だと思っていたもの)等々が、全然自分の自然な状態から出ているものではなかったらしい、

ということが、続々とわかって来たり、自分で選んでいるつもりで、実は色々な外的要因に囚われていたりするのが、自覚されてきています。


・・・心細いです。(笑)


「自分」(自己という認識)というのも、ほとんど自分の思考の判断や思い込みでできているものだと、理解してもいたし、少しずつ実感もしていたけれど、

感覚(自然に感じること)よりも、言葉を使った思考で認識していることを「自分」だと思うことに長年慣れ切っていたから、

それがこんなにも自然な感覚とは違うらしい、どこまでが余計な思考で作った概念なのか、というくらい認識が変わり始めると、

自分というものが本当にわからなくなり、今まで以上に自分の内部にぽっかり空白しかないような感じになって、思考はアワアワ恐慌状態になるし、怖いのなんのって。


そんな自分を、まあまあ、となだめながら眺めています。


ぽっかり空白になったような内部に、どんなものが湧いて出て来るかな。

それが自然と湧き上がって、芽を出して来るのが感じられるまで、
或いはなくなっていなかったもの、残っていたものが見いだせるまで、

怖くて焦って、慣れた古いもので、外から埋めようとしないようにしなくちゃね。


この世に生きている以上、観念や思い込み、習慣などの力から完全に自由になることはできず、純粋に魂そのままのエネルギーだけで生きているような人はいないだろうと思うけれど、

そんなふうに究極を目指したいのではなくて、あれこれとこの世の余計なことに捕らわれながらも、何よりも自分の体や心を感じて、それを大事にして生きている、心地よいあり方を習得したいと思うのです。

頭でっかちでアンバランス極まりない人間の状態を体験したけれど、そうした人間の部分も変わらず持ちつつも、できうる限り、動物としての自然な部分もどんどん取り戻していきたい。

その両者のバランスがうまく取れるようになったらいいなあ、素敵だな、と。

・・・言いたいこと、うまく伝わっているかしら。
リラックスした自然で幸せな自分でいられる毎日にしていきたい、と、そういうことかな。(笑)




BLOG1462 (2)




写真は先日新しくうちに来たワイヤレスマウス。

先代のマウスの調子が悪くなってからも、だましだましかなりの間使っていたのですが、とうとうクリックしても反応しなくなってしまったので、やっと新しいものを買いました。

先代がとても小さなマウスで、それが快適で慣れていたので、同じくらいの大きさのをあちこちで探してやっとAmazonで見つけたのが、この子です。(それでも先代よりちょっぴり大きい☆)

最近主流らしい静音機能など、色々便利な新しい機能はついていないけれど、以前より心や頭の雑音が減り、自分に必要なものがはっきりわかっているので、それが満たせれば十分。

大きさもほぼ希望通りだし、クリックも正常に軽くて(笑)、すぐにうちの子に決定しました。
(写真のようにデコるのは、アマゾンに返品しないよ、ということでもあるのです。)


流行にも、世間の動きにも、新しい製品にも、一切何の興味もない自分を、以前は根拠もなくダメだと恥じているような気持ちが、子供の頃からあったけれど、

それもきれいさっぱり、最近やっとなくなってきました。

興味や必要が出たら、情報や知識を手に入れればいいし、新しいことや使い方なども、その時に覚えればいいし、一方興味のないことは、永遠に知らなくても全然構わない自分が、よくわかりました。

自分から進んで口にしないけれど、もし今仕事などで周りにいる人たちに、テレビ番組とか、有名な芸能人などにまったく無知な自分を知られても、度がひどいから驚かれて面倒だろうけど、平気。

焼き肉屋に行ったことがないことも、カラオケや回転寿司に行ったことがほぼ無くても、人気ドラマやジブリの新作を見ていなくても、新製品のお菓子や家電や化粧品や、そのCMなどを知らなくても、

もう全然恥ずかしいと思わなくなりました。


小さな子供の頃から、何十年も、すごく恥ずかしくて、コンプレックスだったんだよね・・・なぜあんなに恥ずかしかったんだろう、不思議だなあ。

学問的な理屈は腐るほど言えるけれど、それとは別に、感覚的な実感としてはそう言いたくなるくらい、本当になくなっちゃった。


対多数の人が知っていること、経験していること、持っていて普通だとされていること、などなど、本当に極端にない私だけど、

かわりに普通の人が知らないような変わった知識とか、変わった体験、変わった好きなもの、思うこと、色々私の中にあるもの、比べなくても、別にそれでいいんだ、と。

うまく言えないけれど、それをもう受け入れるしかないこと、それで問題ないことが、ようやく腑に落ちてきたという不思議な感じ。


そんな変わった趣味とか、ささやかな好みなどは、「自分」がぽっかり空白になったような気がしていても、私の中のどどこかで、ちゃんと息づいているようです。

それらはまだ、どこか普通の人のふりをして、保護色になって周りに溶け込んでいるような今は、テレビを全く見ないことなど以上に、周囲には言えないけれど、

この部屋など、言えるところでは、もっと書いて行きたいなと思っています。





女性や華奢な手の男性にお勧め↓ (色違いあるよ)














リメイクジュエリーボックスと、重いイヤリングの使い道




このところ長いメールや手紙などを書いていて、記事を書く時間が足りなかったので、今日は二年前の画像をアップします。

部屋の中を色々変えたり、古いものをリメイクしたりした時のひとつです。

といっても、これは以前載せた電気の笠のような必需品ではなく、全くの趣味の遊びの品です。
材料は、貰い物のゴディバチョコレートの箱。




BLOG3685 (2)




BLOG3686 (2)




しっかりした箱なので、この時は、つい何かに使いたくなってしまったのです。
で・・・茶筒をリメイクした時の残りの包装紙と接着剤で、こんな風に。




DSCF3658 (2)-gimp3-blogsize




思い付きでやってみた割には、きれいに仕上がりました。
でもこの外側より何倍も、内側がなかなかのできなのです。

今もう一度やろうとしても、もうどうやったか覚えていないのですが、我ながら上出来。
大丈夫、二度とやろうと思いません。か~な~り~手間がかかりました。(笑)




DSCF3659 (2)-gimp-peint2




いかが?
賑やかに色々入っていると、それだけでも可愛く見えますよね。

自作のピアスやリング、大ぶりの古いイヤリングなどを入れてみました。

重いピアスはあまり着けないし、元々大きなものもあまり買わないのですが、学生時代から持っている大きめのイヤリングが、ほんの数個あります。

あれ、数個というより、この写真に写っている二組だけかな。


前から二列目、左から2マス目に入っているピンクとゴールドのイヤリングは、京都にいた20代の頃、時々通っていたアンティークショップで買ったもの。

お目当てのガレやドームは見るだけだったのですが、その横で売られていたものを買ってしまいました。骨董品の値段を見た後だと、ものすごく安く思えたのを覚えています。(笑)

可愛くて今でも好きですが、顔の幅が細いタイプの私には、こんなに大きなイヤリングはあまり似合わず、その上重いのなんの、ほんの数回で着用を断念しました。

でも今でも、友人にもらったカードやきれいなポストカードなどを飾っておく時のクリップとして、意外な用途で活躍してくれています。

ずっしり重くて安定がいいし、薄いカードもしっかり強力に押さえてくれるし、飾りとしてもキラキラきれいだし、もう、適性ばっちり。(耳が痛いはずです。笑)




DSCF3668 (2)-gimp-blogsize




もう一つ同じ箱があったので、色違いの包装紙を貼ってみましたが、こちらは簡単に。




BLOG3694 (3)-peint




こちらも今でも、必要なレシートなどちょっとしたものの一時保管の箱として使っています。
二つ並べるとこんな感じ。




DSCF3671 (2)-gimp-blogsize




メッキしてあるアクセサリーは、空気にできるだけ触れないように保管した方がいいのですよね。

私も銀製のリングなどは、しっかり密封できる袋に入れてあるのですが、せっかくの可愛いアクセサリーを全部ジッパー付きの保存袋に入れて保管しておくのはつまらなくて、

でもそうしておかないと変色や退色を早めるのも事実なので、悩むところです。


100均で売っている仕切りのあるプラスティックの箱やタッパーに入れることも一瞬考えましたが、タッパーを開けてピアスやリングを選ぶことを想像した時点で、やめておきました。(笑)

アクセサリーのいい保管方法をご存知の方がいらしたら、ぜひ教えてください。











 *Welcome My Sunny Rosy Room*
    **クリックありがとう!**

*どちらも別ウィンドウで開きます*

user-banner[1]

**********
line1 (2)-85
          記事検索
        *contact*
       *花陽の別ブログ*
愛する物語世界の浪漫、美しい日本語、
名前の持つ不思議な力など・・・更新中!
       ギャラリー (Click!)
  • 私の色・BO11~魅惑の色彩オーラソーマ
  • 再会~おかえり、私の愛するもの、愛すること
  • 久しぶりの夕陽~したいことを優先する体験
  • 強烈な直観?~わかるはずがないことがわかる時
  • 結ばれる願い~淡色リボンとスワロフスキーのブレスレット
  • 幸せは自分が創り出しているものらしい
  • 富士山とツイッター(の可愛い子)に癒された日
  • 富士山とツイッター(の可愛い子)に癒された日
  • 空白と感じるところに、本当は何があるのか~小さなマウス
  • いつも・いつまでも
  • 薔薇園の夜
  • 最愛の季節~醒めないあまい日々
  • 永遠に解き明かせない「あなた」~蠍座の水は牡牛座の大地を潤す
  • プロフィールをアップしました~刹那的が悪で、計画的が善か
  • 最高の一瞬(いっとき)~今年の桜と富士山
        薔薇色工房

        **Gallary**

2012-1225-BLOG4269-90 (3)    BLOG6593 (3)    BLOG5947 (4)
BLOG7998 (4)    BLOG7628 (4)    DSCF6609 (3)-trim
DSCF4054 (3)-trim    2011-0519-BLOG8635-90 (2)    BLOG1995 (4)
ブログで育てた苗木を本物の大地に植樹しよう
        QRコード
QRコード
         ***
/*リンクの下線はなし、マウスオンで下線あり*/