薔薇色の部屋

ちょっぴり工事しつつ更新します

【私の手仕事】絵を描く

はぴ魔女さんの宝石箱・その2 と、前世の話予告




前回からの続きです。
まだの方はこちらをどうぞ。「はぴ魔女さんの宝石箱・その1




BLOG9280(2)-p




二つのスワロフスキーリング。

私が薔薇色工房で「虹色ルミナス」と呼んでいる、新緑の森の木漏れ日のように美しい光の色と、前回の記事のハートと同じ、淡くて愛らしいローズピンクです。

二つ並ぶと一層、春カラー満開ですね♪




BLOG9506 (2)-p




それから「恋色ピンキーリング」。
この記事にアップした新色たちです。→「恋色新色「桜ピンク・桜ミルク」と、「起きてくること」

はぴさま、もしかしてピンキー(小指)リング初めてかしら。

「初花」を注文してくださった時に、今まであまり指輪をしなかったとおっしゃっていたのに、すっかり私が洗脳してしまったかも。(こういうの洗脳じゃなくて、なんていうんだったかな。笑)


このビーズの指輪たち、金属の指輪と全然感触も見た目の印象も違って、着け心地いいんですよ♪

17歳までピアノをやっていて節が太く、指も長い私は、金属の可憐な細いリングは、回ってしまうし指が太く見えて似合わないのですが、幅の広いリングはとても安定感があって、豪華で、大好きです。




BLOG9484 (2)-p2




そして、はぴママさんから娘さん、りなさんへのお誕生日のプレゼント。

この記事に写真を載せた「ステージ用のルミナスピアス」は、ピアニストであるりなさんへのプレゼントとしてご依頼いただいたものでした。

さっそく着けてコンサートに出演してくださったそうで、とても嬉しいです。


これ、普通のキャッチと、ルミナスを下げたキャッチ、パールのキャッチの、3wayに作ったのですが、お手持ちのピアスとキャッチを組み合わせると、更にバリエーションが広がります。

大粒で美しいクッションカットの石がトップなので、一粒でもとても豪華だし、この記事に載せた写真のように、ダブル・ルミナスだとすごく華やかで美しく、一方パールもとってもかわいいんですよ。




BLOG9420 (2)-p




ね、ルミナスだけの時とはまた雰囲気が違って、清楚でかわいいでしょう?

ルミナスキャッチよりちょっと短めにして、愛らしさを出しました。
ステージに出る時以外にも、普段から使っていただけるかわいさだと思います。




BLOG9522 (2)-p




大粒ルミナスだけのシンプルなものは、こんな感じになります。
(イヤリングと、ペンダントヘッドです。)

夜撮ったのでせっかくのルミナスの色がきれいに写らなくて残念ですが、とても凛とした美しさです。
と同時に、色合いが淡いので、シャープ過ぎないやさしい雰囲気もあるところが、またいいのです。


・・・と、こんなところだったかなあ。
あれ、はぴ魔女さんのところへ行ったのではないものも、いくつか混じっているかしら。(笑)

沢山の画像にお付き合いいただいて、ありがとうございました。

はぴ魔女さんがブログを書いてくださったおかげで、私もいつもはため込みがちな画像を、今回はこうしてすぐにアップできて、嬉しいです(^^)



ところで、こんなにアクセサリーの話が続いていても、不思議な話や潜在意識の話も依然としてアップ予定でいます。

だってこうして書かないでいる間にも、まるで天が催促するかのように、ますます不思議な話や不思議な人が、周りに増えてきているんです・・・

増えてきているというよりも、やっと全面的に受け入れて、認め始めただけという気もするけれど。
(不思議な話がお好きな方は、過去記事「うにちゃんわーるど」シリーズをぜひどうぞ^^)


とりあえずヨーロッパのお嬢だった前世と、マッチョな船乗りだった前世の話でも書こうかな。

あ、いけない、これ、二つ並べて書くと笑ってしまいますね☆ 
悲しい話なのに。(笑)


というわけで、薔薇色工房のキラキラたちと、不思議系な話、これからも両方お送りします。
今日も読んでくださってありがとう、また遊びに来てくださいね♪









3/3 作り手(スタッフさん)の熱意~恋色はなぜピンキーなのか




続き記事です。
前回2回はこちらからどうぞ。

「1/3 恋色がドラマで、恋人同士の愛の象徴として使われ・・・」
「2/3 二人の愛と「恋色」を、人々の胸に残せたなら」



というわけで、今回のことは、

私と恋色にとってだけではなく、俳優さんたちを始め、俳優さんたちのファン、原作やドラマのファンなど、楽しみに観ている大勢の人にも、一生懸命作っている制作側の方々にも、本当に残念でした。


私もものづくりの仕事をしてきましたが、TVドラマのように大勢で製作する仕事とは違うので、なぜこうなってしまったのかはわかりません。(脚本設定が荒かったのでは、と推測するくらいしか。)

でもわかっているのは、作り手はいつも、良いものを作ろうと、自分なりに最高の仕事をしているということ。人が想像できる以上にそうなのだと思います。


今回も、私がこの記事で最初にドラマの件に触れた後、恋色を購入してくださったドラマスタッフの方から、お気遣いのメッセージをいただきました。

驚きましたが、ブログを読んでくださっていたようなのです。

それを読んで、恋色が何十点もの指輪の中から、恋人同士を演じたユナクさんとリオさん、監督、プロデュ―サー始めスタッフの皆さんの総意で、このお話に合う可愛い指輪として選ばれたと知りました。

とても嬉しく思うと同時に、私が想像する以上に、製作側の皆さんはこんなにも熱意も時間もかけて、大切に作っているのに、改めて、本当に残念だったなあ、と。



BLOG6622 (2)-trim-picasa



けれど、こんな誠実な、心のこもったフォローメールをいただくことも、普通ではなかなかないことだと思いますし、

恋色がそんなにも多くの中から選ばれたのだと知ったことも、友人からの気遣いも、久々に日本のTVドラマを見て感じたことなども、

全部含めて、私は今回のことが、自分にとって良いことだったと感謝しています。


そうそう、たった一人だけ、ドラマを見て検索してたどり着き、恋色を注文してくださった方がいました。その方とのやりとりでもとても慰められ、あたたかい気持ちになることができましたし、

ドラマとは関係なく、その後も恋色への注文は入っているので、ご安心ください。
一番人気の大人色、アプリコットは最初の在庫を完売しました! ありがとうございます。


アプリコットを始めほとんどの色は、リクエストがあれば材料を補充して再販できますが、ドラマで使われたバイオレットとラベンダーモーヴは、材料がもう製造されていないため、再販できません。

今minneにアップしている数と、あと数点分の材料があるだけで終わりですので、興味がおありの方はお早めにご検討くださると安全です。



DSCF7538 (3)-blogsize-90



それから・・・最後に恋色が、なぜピンキーリングなのか。

一言で言えば、小指に着けて一番可愛いからです。(笑)
といっても、たまたまそうなのではありません、そういう風に作っています。

他の指には、あの大きさのモチーフだとボリュームが足りず、かわいく見えないのです。
対比で指も太く見えてしまいますし、すると驚くほど、子供っぽく、安っぽく見えてしまいます。


販売表示には3~5号と表記していますが、ビーズ編みで伸縮性があることと、指に跡がつかないようゆとりを持って作ってあるために、ぎゅうぎゅうに無理をすれば、私の8~9号の薬指にも入ります。

でも、それだと横に引っ張られるので、モチーフが細く歪んでしまうし、サイドのビーズ編みが指の上に見えてしまいます。恋色も、着けている人の指も、全然かわいく見えません。

他の指に着けるなら、もうワンサイズ大きな素材で作ったものの方がかわいいのです。

(ネットで販売する前に、自分が安心して売れるよう、それはもうばかみたいな域のことまで含めて、色々なことを考えて試して、実際に何十個も作って、これでいいか確かめました。笑)


三つの小さな花モチーフだけで、細い小指の背を全部覆うようになっているからこそ、指も恋色も可憐に見えるのです。



BLOG6678 (2)-picasa



小指は一番端の指なので、もちろんサイドに見えるビーズ編みも、モチーフの色に合わせてきれいな色を選んでいます。

どうぞ小指に着けてかわいがってください。
一般的にもピンキーリングは、幸運を呼ぶとか、願いが叶うという意味があるそうです。



私は子供の頃からなぜか人に相談されることが多く、私生活でも仕事でも、カウンセリング的なことをずっと続けてきて、長い読者の方はご存知のように、一時はスカイプカウンセリングもしていました。

友人の悩みを聴くことも多くて、恋愛で悩む友人たちに、うまくいきますようにと幸せを祈ってプレゼントしてきたこと、そして彼女たちにラッキーアイテムとして喜ばれていたことなどから、

販売を考えた時、この指輪に「恋色」と名付けました。


minneで販売を始めてすぐに、まるでその名前が引き寄せたかのように、名前通りの役割で、ドラマに出る指輪として選んでいただきました。

恋色の最初のお客様でした。


大勢の人の胸に残り、愛されることにならなかったのは残念でしたが、私にはとても意味深い、不思議で象徴的な、よい出来事だったと天に感謝しています。

今回のことを気にかけてくださった皆様、心からありがとうございました。
皆様にも、恋色を着けてくださる方にも、これまで以上に素敵なことがたくさん起こりますように!



BLOG7770 (2)-picasa



※数日のうちに、いくつか新しいピアス・イヤリングをアップする予定です。
 一点限りのものもありますので、よろしかったら見てくださいね。(薔薇色工房はこちらです。)











桜満開幻想~指輪「初花」と私のラッピング




前回の記事「実は”これでもか!”くらいが好き?~指輪「藍の瞳」と薔薇と花柄と からの続きです。


「藍の瞳」に続いて、「初花(はつはな)」の色配置も、少し手直ししてみました。
が・・・



BLOG8040 (2)-picasa3




こちらはかなり時間をかけて試行錯誤し、納得がいくまで新しい配置で何個分も作って、とうとうバランスがとても素晴らしい配置に仕上げることができたものの・・・

気付けばそれは既に、「初花」ではないものになっていました☆


あらら・・・まあ、そんな気はしていたの、途中から。
(なのに途中で止められない性格。)


なにしろ「初花」は「藍の瞳」以上に、実際の肌の上では特に淡い淡い色合いで、ほのかにピンクが入っている、というくらいの印象が可憐なのです。

なので、以前にも、もう少し華やかにしたらどうかと試したり、逆にもっとピンクを淡くしてみたりしたのですが、ちょっと変えるともう印象が全く違ってしまうリング。

わかっていてもまた試してしまったけど、う~ん、やはりそうか。(笑)
「初花」はこの色配置が最善なんだわ。


というわけで、それはそれでまた「これが最善の初花よね」と確認でき、私には嬉しいことでした。
新しくできた明るくて華やかな色配置は、今考えている新作に使ってみようかな。


というわけで、初花はこのままで、では画像だけ春らしく・・・




初花 桜バージョン1-2 拡大 コピー (3)




桜満開!

ああなんて楽しいの。(笑)
ぴったりのイメージで美しく仕上げることができた、この満足感♪

目にした方も、きれい、と一瞬楽しんでくれたら、更に嬉しいなあ。


実はそもそもこのイメージが少し前から頭の中に浮かんでいたので、ぴったりの素材を根気よく探して、画像とイラストの合成を試みたのです。

凝り性な私は夢中になって納得がいくまでかじりついてしまうので、こうした作業をいつもできるわけではありませんが(キケンなので。笑)、特別な作品には時々やりたいな。


そしてさらに今回は、お買い上げいただいた時のラッピング画像もアップしました。
まずは「初花」から。



BLOG8277 (2)




今回はこちらも桜にしてみました。

実はこの発送時のラッピング、何年も前から考えていただけでなく、現在のデザインとは違うものですが、台紙も実際に印刷してみたりしたのです。

だけどその時は、色々な都合で販売には至らず、今回販売をやっと始めた時には、このラッピングより、他の作家さんたちを見習って、似たような感じにしなくては、という気がしていました。

でも、他のラッピングがどれも自分の気に入らなくて、数年前に思いついてとても気に入っていたこのアイディアに戻ってみたら、一瞬でそれまでのモヤモヤがすっきりしました。


これだったんだわ。
最初からわかってたのに、馬鹿だったなあ、と。


リボンも、かわいいシールも、マスキングテープも、女性が大好きなものは何も使わないシンプルな包装ですが、それが一番この二つの指輪の魅力を引き立て、全体も美しく仕上がっていると思います。

幸い、購入してくださった方にも好評をいただいています。




BLOG8278 (2)




「藍の瞳」は、今、こんなデザイン。

両方とも、季節によって、もしかしたら私の気分によって(笑)、デザインは変わるかもしれません。

既に他のデザインもいくつか作ってあるので、ランダムに使って、どの柄が当たるかはお楽しみ♪ でもいいかなあ。


薔薇色工房という名前は、実は何も考えずに、この部屋の名前が薔薇色の部屋だから、あちらも薔薇色工房でいいか、くらいに思って付けたのですが、

日本人には漢字の印象の確かさはアルファベットとは比較にならないし、何より私自身が落ち着く心地よさなので、これもまたよかったなと気に入っています。




BLOG8282 (2)




ひとつ心残りなのは、誰よりも最初に「初花」をお買い上げくださったはぴ魔女さんに、

まだラッピングをこの形に決めておらず、それに海外発送のために、虹色ルミナス・イヤリングたちと初花を一緒に、強度のある小箱に入れてしまったので、この台紙でお送りできなかったこと。

私と好みがとても似ているはぴ魔女さんに、このラッピングを楽しんでほしかったなあ。
はぴさま、また何かの機会に、この分も素敵なものをお送りしますね!


そうそう、大好きな美しいイタリア毛糸がもう入手困難になり、来季は製作不可能と思われるので、季節の終わりですが、マフラーの受注制作注文ページをアップしました。

もうぎりぎり1点か2点しか編めません。つまり私が既に編んで持っている物と、受注して編むもの、日本中にそれしか存在しないオリジナルになります。

誰とも被らない、洗練された色合いの上質マフラー、良かったら見てくださいね。


○とろけるマフラー「雪のフィレンツェ」 https://minne.com/items/8157266
○とろけるマフラー「ミラノの太陽」   https://minne.com/items/8142282


今日の記事中の二つのリング

○「初花」  https://minne.com/items/8041688
○「藍の瞳」 https://minne.com/items/8114804


その他、minneの薔薇色工房ギャラリーはこちらです https://minne.com/@kayou11 

      










 *Welcome My Sunny Rosy Room*
    **クリックありがとう!**

*どちらも別ウィンドウで開きます*

user-banner[1]

**********
line1 (2)-85
          記事検索
        *contact*
       *花陽の別ブログ*
愛する物語世界の浪漫、美しい日本語、
名前の持つ不思議な力など・・・更新中!
       ギャラリー (Click!)
  • 私の色・BO11~魅惑の色彩オーラソーマ
  • 再会~おかえり、私の愛するもの、愛すること
  • 久しぶりの夕陽~したいことを優先する体験
  • 強烈な直観?~わかるはずがないことがわかる時
  • 結ばれる願い~淡色リボンとスワロフスキーのブレスレット
  • 幸せは自分が創り出しているものらしい
  • 富士山とツイッター(の可愛い子)に癒された日
  • 富士山とツイッター(の可愛い子)に癒された日
  • 空白と感じるところに、本当は何があるのか~小さなマウス
  • いつも・いつまでも
  • 薔薇園の夜
  • 最愛の季節~醒めないあまい日々
  • 永遠に解き明かせない「あなた」~蠍座の水は牡牛座の大地を潤す
  • プロフィールをアップしました~刹那的が悪で、計画的が善か
  • 最高の一瞬(いっとき)~今年の桜と富士山
        薔薇色工房

        **Gallary**

2012-1225-BLOG4269-90 (3)    BLOG6593 (3)    BLOG5947 (4)
BLOG7998 (4)    BLOG7628 (4)    DSCF6609 (3)-trim
DSCF4054 (3)-trim    2011-0519-BLOG8635-90 (2)    BLOG1995 (4)
ブログで育てた苗木を本物の大地に植樹しよう
        QRコード
QRコード
         ***
/*リンクの下線はなし、マウスオンで下線あり*/