夏至の翌日から突然、yahooにお天気を見に行くたびに、毎日、広告欄にウェディングドレスと芝刈り機が表示されるようになりました。

びっくりです。(最初、画像が小さくて耕運機かと思った。)
そんなものを検索した覚えはいっさいないのに、なにゆえ? とあっけにとられて、

これはつまり、近々最愛の人と結婚して素敵な庭付きの家に住むというお告げ

ということにしておくことにしました。(笑)
聞くところによると、夏至から大きく地球の波動が変わったというし、人生なんだってあり得る


冗談はさておき、この数日突然蒸し暑くなったお天気など、いくつもの要因が重なって、体力的にも気持ち的にも相当なギブアップ状態になり、先日久々に布団から起きだせず、

「もう生きているのを放棄して楽になりたい」

くらいの勢いで、どっぷり落ち込んで浮上できずにいました。


向こうへ行ったら、きっと妹(猫)が待っててくれるよね、ごんちゃん(親戚宅の、世界中で一番私を愛してると、生涯に渡って全力で表現し続けてくれた柴犬)も迎えに来てくれるよね、

今すぐ会いたい、とめそめそ。

他にもぷくちゃんという弟(白文鳥)も向こうにいるし、そういう時は本気で、向こうの方が楽しそうな気がします。


落ち込みがもうちょっと軽度の時には、好きな曲や映画、本などで気を引き立てようとすることもあるのですが、こんな時には、大好きなピアノ曲などの音楽も、ダメなんです。

美しい音色を聴くと、却ってますますこの世から離れたところへ向えるような気がしてしまう。


こんなふうに軽く書いていますが、もう少しで京都の地下鉄に飛び込むところだった時の他(後始末をする職員さんたちが気の毒で、できなかった)、10~20代で3回は本気で危なかったことがあり、

その他にもつい最近まで、「このまま朝が来なければいいのになあ」と眠る前に願う日の方が、そう思わずに眠った日より圧倒的に多かったので、

今もまだこうして落ち込んだ時には、ごく一般的な程度の落ち込みより、普通の人なら耐えられないような、かなり強力な絶望感を味わっていると思います。

なにせトラウマ体験のキャリアが、そんじょそこらのトラウマ持ちとはケタ違いだから。(笑)
(詳しくは別ブログを・・・と思ったけど、あちらにもそんなに書いてなかったので、ま、いいか。)


ともあれ久しぶりにその程度まで落ち込んで、なかなか浮上できなかったのですが、あたたかい友人のおかげと、これまでに培った独自の対処法が功を奏して、

昨夜体が少し楽になると共に、気持ちもだいぶ上向きになってほっとしました。


そこで早速、youtubeで聴いたのが、この曲。
前に一度載せましたが、久しぶりにもう一度アップしますね。

大好きなバイオリニスト古沢巌さんの、アップテンポアレンジの「愛の賛歌」です。








前にも書きましたが、この曲、もともとはあまり好きではなかったんです。
でも、このアレンジはものすごく好き。

特に、この洗足大学の学生さんたちと演奏しているものが好きで、CDにも同じ曲が入っていますが、そちらよりもこの演奏が好きでたまりません。

この動画を初めて聞いた時もそうでしたが、ノリのいい軽やかなテンポに揺られていると、なぜだか涙が出て、生きているっていいなあ、人間っていいなあ、と、

この世が素晴らしく美しく、あらゆる愛に満ちて、

寿命が来て去ることになった時でも、あまりに去りがたくてすぐに戻って来たくなってしまうだろうと思うほど、

いとしく懐かしい場所だということを、体の奥から思い出させてくれるのです。


私にとってもっと魂の奥深くから揺さぶられ、この世を超えた時空と繋がっている気がする、ショパンやモーツアルトやチャイコフスキーではなく、

この曲を演奏している古澤さんの心から愉しそうな様子や、笑顔で演奏している学生さんや、この場の空気と音色とが、

生きていること、生まれてきたことが、それだけで幸せなんだと、

なぜか私を、この世のあたたかい光の元に引き戻し、言葉にならない真実を思い出させてくれる気がします。



ありがとう、天と、そして古澤さん。

I'll be reborn over and over again like the Phoenix by the light and flame given to you. 




9.愛の賛歌 試聴できます。







********

クリックいつもありがとう!




********