先日「Windows Update 後の不具合で、PCをリカバリーした体験」や「Windows Update 後の不具合解消~ディスククリーンアップ」などの記事で書いたように、

今年の4月から5月にかけて、今まではまったく知らなかったPCに関しての知識をたくさん得るくらい、全くの素人の私でも、何とかできる範囲で頑張ってノートPCの不具合を軽減したのですが、

そうした一連の作業にようやく終わりが見え、ほっとしたまさにその直後、突然こんな画面が表示されたことがありました。




BLOG3748




急いで撮ったので、モアレが出てしまって見にくくてごめんなさい。

ちょっと動揺もしていたと思います。
タイミングがタイミングだっただけに、一瞬ハッとして血の気が引きました。


でも、それまでにさんざん色々自力で試してきたので、とりあえず、まずこの画面をデジカメで撮影しました。

何かあったら見返すことができるようにと、それまでもメモを取りにくい時には、画面を撮っていたんです。

起動不具合が生じた場合に備えてのことだったし、不具合を直す作業中は他の画面にも行けないので、スクリーンキャプチャなど、PC画面で見るためのものはいざという時役に立ちません。

なので、手元の紙にペンで手順などをメモするか、こうしてデジカメで撮るかでした。


それで一応これもデジカメで撮ったのですが・・・・・・
おかしなことに、まだ何もしていないうちに、次の画面に飛んでしまったのです。

えっ何? と、またまたヒヤッとして見たら、次はこんな表示が。




BLOG3749




いかにもそれらしいし、Microsoft とロゴ入りで表示も出ているので、頭は信じかけているのですが、でもなぜか、この表示を見てどこか変な気がしました。

何がおかしいかははっきりわからない。
でも何かが違う。

私が気になったのは、ロゴの色の濃さとか、そんな本当にちょっとした違いだったのだろうと思います。とにかく、ほんのちょっと何かが引っかかって、ん? と思いました。


もし本物だったら、この警告にどう対処したらよいか後で調べたり相談できるよう、とりあえず画面は撮ったし、なんとなく不審だから、ともかく一度ネットを閉じてみよう。

そう思って閉じようとしたのですが、なんと、ウィンドウを閉じられない。
もう一つ開いていたタブに移ることも、そちらを閉じることもできない。

ここに至って、あ、やはりおかしい、広告みたいな「ダウンロード」なんて表示が出ているし、これはワンクリック詐欺などでは、とようやく思い始めました。


幸い、タスクマネジャーを開いて、ブラウザ名の上で右クリックし、「タスクの終了」をクリックすると、無事にすんなり閉じることができました。ほっ。

何かに感染してでもいたら怖いので、すぐに入れているセキュリティソフトで攻撃や侵入がなかったかをスキャンしたところ、何も問題はないようでした。

再度立ち上げたネットでも、表示に使われていた言葉で検索してみたら、案の定詐欺(偽表示)だとわかりましたが、目的はソフトをダウンロードさせることらしく、それをしなければ被害はないようです。

何事もなくてよかった。

この偽表示、特に怪しいサイトに行ったわけでもないのに出ることがあるのだそうです。
私もそうでした・・・なので余計びっくりして、信じそうになるんですよね。




2014-0518-BLOG7958 (2)-90
せめて画像は爽やかなものを。5月の茶畑と富士山です。




とにかく、もしこの画面が出たら、一切指示詞には従わず、すぐに画面を閉じましょう。

ウィンドウの×をクリックして閉じられなくても、慌てなくて大丈夫。
上述のようにタスクマネジャーを開けば、問題なく閉じられます。


ちなみに、あれはなんだったのか調べた時には、こんなサイトを参考にさせていただきました。

Windows 詐欺警告「Windowsセキュリティシステムが破損しています」が出てしまった時の対処方法

こちらは私が「なんだかおかしい」と思った原因を解明してくれるような、本物との細かな表示の違いにも言及してくれていて、おもしろかったです。

システムファイルが古くなっています

こちらは偽表示と知りながら、わざわざ指示に従ってソフトをダウンロードし、どうなるか試してみたそうです。世の中にはそこまでやってみる人がいるのか。

この件に限らず、役立つネットの情報提供には、いつも心から感謝しています。







********

クリックいつもありがとう!




********