今年に入ってからだいぶ更新が滞っているのと、このブログ、どれくらい前からだったか、「編み物」ジャンルに登録してあるので、ちょっと迷ったけれど、

また全くの日記(雑記)を書きたくなっています。

編み物ジャンルに登録を変更したのは、検索で来てくださっているかなりの人が、ほとんど編み物関連の記事へだし、気づいたら確かに、思った以上に編み物の記事が増えていたから。

でも、前季は珍しく、あのピンクのニット帽しか編まないという、例年にない状態だったし、

それにこれは毎年のことだけど、私は春夏のニットはあまり編みたいと思わないので、また秋まで編み物はお休みの予定だし、

そもそもジャンルを問わずなんでも書きたいことを書こうと思って始めたブログだし、と。


というわけで、またしばらく、不定期更新の、日常の雑記になると思います。
お気が向いたら、寄ってみてくださいませ。

画像もたまっているし、今日はさっそく、四月に撮った遅咲きの桜の写真とともにお贈りします。




BLOG3672 (2)




さて、今週のある日のこと。

起きて着替えようとして、自分の腕に手が触れた時、一瞬の違和感がありました。
いつもよりちょっとふにっと柔らかいような・・・。

でも気のせいだと思い、更に着替えを進めるうちに、ん? ん? やっぱり何か違う! と。

見た目もいつもより肌がすべすべしていて、なんだか指先まで、しっとりしている気がするんです。


いえ、梅雨の湿気のせいじゃありません。笑
その日は前後3日間続けて晴れていたし、その前から肌の乾燥は感じていませんでした。

思わずあちこち触ってみましたが、今日はいつもと違う、明らかにものすごくすべすべだ! とはっきりわかったのは、

ちょっと書くのがためらわれましたが、(でも私のブログ、読者はほぼ女性だと思うし、いいよね)


お尻☆ でした。


正確にいうと、お尻と脚の「境」が、つるんとすべすべだったのです。
大げさだけど、あかちゃんみたい。

最近、お尻全体は問題なくても、そこだけは少し手触りが悪くて、運動不足だしなあと気になっていたのです。なので驚いて、はっきりわかったのでした、やっぱり普段と違うすべすべさだ! と。


すごく嬉しかったし、手触りだけではなく、腕や手などの見た目の肌理も違って、更に嬉しい。
しかも以降今日まで、その状態が持続しているのですが、そうなった原因がわかりませんでした。


初めて作って、数日前からトーストに塗り始めた、アーユルヴェーダの万能オイル「ギー」のせい?

なぜか突然、甘いものが連日欲しくなって、酒粕で作った甘酒を数日間飲み続けたせい?


他は別に変わったことをしていないし、この二つのうちどちらかのせいだろうか。
酒粕の甘酒は冬にも飲んでいたけれど、ここまでのことはなかったし、じゃあギーのせいかしら。


・・・と思ったものの、心の奥では、実は何か違う気がしていたのです。


まあ、ギーと酒粕の摂取と、それから他にもいくつかの要素は組み合わさったと思います。
でも、食品だけでこんなに突然大きな効果が表れて、その後も持続するなんて・・・。

食養というくらいで、食事が体を作る最も大きな要素であることは間違いがないけれど、この即効性とはっきりとした変化の大きさは、ちょっと食事の効果とは違う感じがしました。




BLOG3675 (2)




原因がようやくわかったのは、3日ほど経ってからでした。

突然、ずっと前にもこの「お尻と脚の境目のないすべすべつるつるの手触り」を、何度も体験したことがあったことを、ハッと思い出したのです。



(続きます。)→ アップしました。「翌日つるすべ肌になる、私には数秒で効果絶大のもの」







********

クリックいつもありがとう!




********