薔薇色の部屋

ちょっぴり工事しつつ更新します

2016年01月

おめでとう、幸せ先取り~今日既にとても幸せ♪




はぴさまの大吉に嬉しくなって、私も思わず引いてみたおみくじ。

こういうの、今まではがっかりするのが嫌で引かなかったのですが、
新年明けて早々に一度、やっぱり景気よく大吉を引いた人の画像を見て、

昨日はぴさまのブログでまた見て、

今年二度も大吉を見たから、なんだか他のが出ても大丈夫な気がして私も引いてみたら、出ました。



大吉!



きゃ~、嬉しい~!!!

三度目の正直でも、一番ぴったりな内容の大吉!
(どの辺が、かはご想像にお任せして。笑)

これを見た方にも福があること請け合い♪
いい気持ちになったら、もう受け取り完了ってことです。


はぴさまは旅行の項が「富士登山」だったけど、

はぴさま~、富士登山しなくても、富士山画像なら富士山の麓から今すぐお届けします♪
皆さんも富士山パワーを好きなだけお受け取り下さい。

なんたって初夢ナンバーワンの座を何百年も保ち続けているトップ・オブ・ザ・日本の霊山なので、
縁起の良さと癒し効果は抜群です。(小さい言い方☆笑)



2014-0518-BLOG7968-90



これは初夏に撮った写真なので、また今現在の富士山の写真を撮ったら、載せようと思います。


そうそう、一目惚れ毛糸アンジェラ、マフラー分注文しました♪

何玉必要になるか、本当に自分が思った感じに出来上がるか、
注文する前に確かめたくて、

毛足の長い毛糸なので解きにくそうだったけれど、
手元にあったひと玉で、試し編みをちょっとだけしたのですが、

そしたら、私が思った以上に素敵な風合いの編地が、魔法のように次々と手の下から出現して、
もうすっかり心、わしづかみ。完全に虜。

とにかくその嬉しさったら。

その美しさにも、自分の直感とセンスにも嬉しくなって、最高に幸せな気分です。(笑)


試し編みを写真に撮ったのですが、せっかく最高に好きなマフラーになりそうなので、
完成してから写真を載せたいと思っています。

ふふふ・・・♪









私の見てきた世界~直観と心の深層(源・ワンネス)に繋がる感覚




私は波動やオーラというようなものを、霊能力者と呼ばれるタイプの人たちのように、はっきり見たり感じたりはできないのですが、今まで数人のそういう力のある人に、

霊能力とか超能力という特殊な形を取っていないだけで、直観力がほぼそれに匹敵するほど強く、
総合的にいったらそういう力のある人よりわかっている、と言われたことが何度かあります。

わかってるって、何を? と普段の私だったら聞き返すところですが、
不思議にそう言われた時は、ああ、はい、ああいうことですね、確かにわかってます、と、

何のことを言われているのか、漠然とわかって、聞き返さないのが面白いところ。

あとから、具体的には何をどれくらいわかってるように感じるんだろう、聞いてみればよかった、
なんて、普通のことを思ったりするのですが。


友人に一人、数年前に突然、本人も戸惑うくらいの「見える」力が開眼してしまった女性がいるのですが、彼女は、人のことならわかっても、自分のことはほとんどわからない、と嘆き、

花陽さんにはどう見えてますか! と時々私に尋ね、花陽さんとってもパワーが強いから、
何か悪いものが来ても跳ね返しちゃう、いいなあ、と言っていました。

跳ね返してるのか、私。知らなかったわ。(笑)



BLOG0488 (2)




この数か月、ネット情報を引っ込めて口コミだけになっているスカイプセッションも、最初は普通の心理セッションのつもりで始めたのに、全部ではないけれど、直観的・スピ的な内容に移行しており、相手にもそちらの方が喜ばれるようになってきました。

結局スピリチュアルでも心理学でも、今の私にとって一番大切な核心の真理は、一言でいうと「愛」に行き着く、と感じているからかもしれません。

無常のすべてが属する「無」は、私たちの言葉でいう愛と、どうやら同じものらしい、と。


最近わかってきたことなのですが、どうも私、頭では自分の直感をずっと否定して、論理的、科学的な男性脳優位で生きてきたつもりだったのに、

もともと子供の頃から、個人としての感覚や時間の感覚から抜け出すことが頻繁にあり、それが普通だったために、全く特別なことだと思わずにいたことが、

巷で言われているワンネスを感じるとか、「それ」を感じる、ということだったようです。


体験者の話と比べて、それは「悟り体験」とは違うし、ワンネスなるものも感じたことがない、と思って来たのですが、

同じものを、いつの間にか普通に感じていて、日常の中にあると感じているのか、
ある時一瞬の落雷のような体験として初めて感じるか、の違いだけなのかもしれません。

どちらにしても、頭ではずっと否定していたのに、自分は人一倍直感や、「源」と呼ばれるものを、常に感じてきていたのだなあ、ということを、次第に受け入れるようになりました。


また、日本人には多い、人の感情や痛みを隣にいるだけで自分のことのように受け取ってしまう、という傾向も強く、人に接するとエネルギーの消耗や疲労感が強かったのですが、

自分のエネルギー領域を守ることや、消耗しても回復するのも、以前より上手になったりし、

そうして感じ取った相手のエネルギーや心の状態を、
今まではまず心理学的に正しい判断をしなくては、と枠にとらわれていたのが変化して、

直観やスピリチュアルな視点、私自身が乗り越えてきた経験や実感から感じることなど、総合的な感覚でとらえ、理解しようとすることを恐れなくなりました。


なので最近は、ただ話を聞いていたり、私の感じることを言葉にして伝えただけで、何かその人の深い所で、最初の癒しが起こったり、本人も驚く不思議なイメージが見えたり、

友人との間でも、それ以外でも、前よりもっと、そんなことが起きています。



BLOG0503 (2)




話を戻しますが、直観(勘)が異常に強かったり、不思議なことを感じたり、半分「あちらの世界」に生きているようだったり、また、人の心が手に取るように感じられたり・・・

こういうこと全部、私にとっては一言、「ものかきなので」で済む感覚だったのです。


芸術家はみんなそうじゃないかな。少なくとも私がそういう点で共感を覚える詩人や作家、音楽家や画家たちなどは、皆、そうした視点からものを見て(感じて)いるのを、無意識で感じてきました。

生身の個人として目の前の世界を見ていながら、同時に普遍的な視点からも、しん、と見ている。

宮沢賢治やリルケやモーツアルト、皆、個を超えた何か大きなものに繋がって、
この世を見ていたと思います。


子供の頃からの私のそうした感覚をいくつか言葉にするなら、

いつもどこかで、自分を含めたその場面を、淡々と俯瞰しているもうひとりの自分がいる感じ。

誰かに常に空から見守られている感じ。

目の前の空のすぐ向うに、古代文明に暮らす人々や、私には想像つかないけれど未来の人の世界が、触れられるくらい近くに存在する感じ。
頭ではそんなことがあるはずないとわかっていても、そこに行ったらその人たちと実際に会える、全ての時間がそこにある、という、自分の肉体と同じくらい確かで不思議な感覚。

例えば、ただ日光に照らされた木を見ているだけで、涙が出るほど美しく懐かしくて、全てが自分にささやきかけている仲間だと感じ、音などしていないとわかっていても、風がそっと葉を揺らす音の他に、神の音楽のようなものが鳴り響いている感じ。
それを私も、木も、その場のすべてが聞いている感じ。

この一瞬がものすごく貴重な、二度とないものであり、過ぎ去ってしまったら永遠にもう出逢うことはできないものだということが、非常な切なさといとおしさを感じながら、わかっている感覚。


全部、物書きのごく普通の資質だと、子供の頃から自分で何の疑問もなく、了解していました。
人よりちょっと多いかもしれないけれど、誰でも感じているものだろうとも思っていました。

たまに感極まって親などに話すと、怪訝そうな顔をして気持ちが悪いとか、いやらしいと言われたりしたため、自分がおかしいのではという恐れも生じ、人には話さないようになりましたが。



BLOG0494 (2)



10代になって、私にとっては非常につらい人生が本格的に展開し始めると、そうした自然な喜びの感覚は薄れて行かざるを得なくなり、そうした時期が長く続きましたが、それでも大人になってからも、

とても良い状態で何かを書いたり描いたりしている時、ごく普通に、何か自分を超えた大きなもののエネルギーに、自分というものを、いわば道具として正しく使われている、という感覚があり、

それを言葉にしたら、心のどこまでも深い所にどんどん降りて行って、最後には阿頼耶識と呼ばれる人類の集合意識と繋がっている感じ、そこからの光の通り道になっている感じ、

と、友人たちには説明していました。


或いは自然や芸術など、美しいものに触れている時は、逆に意識が上へ上へと上がって行っている感覚とでもいうか、やはり自分を超えて、見えざる大きなものに溶け込んでいるような感覚があります。

自分の中へ中へと深く入っていくような感じの時と、外へ外へと拡大して行く感覚の時があるけれど、両者が混じり合った感じの時もあり、大元は、きっと同じものなのだろうと思います。

至福、というのかな。

全身が喜びに満ち溢れ、目に入る世界全部に愛されていて、私も愛し返しているような歓喜でもあり、
(ただ季節や日常の生活を感じたり、花や空などの美しさに打たれて写真を撮っている時など)

無我の境地と呼ばれるような、忘我というような、全く何も知覚していないような状態の時もあり、
(書いている時、ピアノを弾いている時、何かを作っている時などに、瞑想状態より深く)

逆に全身を貫く、震えるような恍惚感を感じる時もある。
(素晴らしい音楽を聴いている時に特に顕著)


そんな非現実をいつもいつも身近に感じている子供だったので、なんとかまともな人間になれ、現実的になれと周囲に責められ続け、私自身もできない努力を続けて自分を苦しめてきたのですが、

今、この時代では、その感覚は後ろ指をさされるようなものではなく、大勢の人が求め、感じ、肯定するものになったなんて、いつの間にかパラレルワールドを移動したような気さえします。(笑)



BLOG1711 (2)



それでも今まで、今日書いたようなことを人に話すことは、私にとって、何重の意味でもとても怖いことでした。心理的な抵抗がまだ残っていて、これを書くのにも、ものすごく時間がかかりました。

でも、もうあるがままの自分の感じることを、認めて、隠さなくてもいいんだと思えるようになり、恐る恐る小出しにするのではなく、こうして初めて詳しく書くことができ、

私の中でもまた一つ枷が外れ、心身の重さが減った気がしています。


ところで、そんなふうに日ごろから非日常な感覚に簡単に接続してしまう私でも、滅多に感じたことのない、強烈にクリアな視点を先日体験しました。

かなりの驚きの体験でした。


(つづく)










ちょっとがっかりの初スヌード完成




この記事で、かわいいなあ、編んでみたい、と書いたファーとアラン模様のスヌードですが、

色々調べて、使わないまましまっていた手持ちの糸が一部に使えそうだったので、それで試しに編み始め、はぴさまの糸・カメレオンカメラが届く前に、既に少し編んでいました。


画像をお借りして載せた、星野真美さんのあの完売スヌードは、キット内容から、ファー毛糸1玉と、アラン模様の部分はオフホワイトの並太糸2玉、同じくオフホワイトのツイード糸1玉、とわかり、

使用針もわかったので、太さに合わせて、どの糸をどの針で編んだかもわかりました。
さらに、星野さんのスヌードを実際に編んだ人の、編んでいる途中の写真も発見。

おかげでアラン模様の部分のだいたいの目数もわかったので、
あとはほぼ同じ模様になるように編んでいきました。


その時、この幅でこの模様で2玉、他2玉の計4玉だと、だいぶ短いのでは? と思ったのですが、まあ模様編みは2玉だけだし、あんまり長いスヌードは首の周りが空いて寒いし、とそのまま続行。

ネット上で見たものも、一番短いもので90センチなんていうのもあったし。
でもそれは今思えば、二重には巻けないこと前提だったんだろうなあ。

短いと、着脱の時に髪がぐちゃぐちゃになるかもという懸念はあったものの、とにかく編んでみたい気持ちが逸ったのと、スヌードの実際の着用感が、未体験でわからなかったせいもあります。


はぴさまのカメレオンカメラを編んでいる間に、必要なファー毛糸1玉だけネット注文しました。
定形外郵便で送ってくれるお店だったので、時間はかかるけど、送料が安くてラッキー♪

そして星野さんのスヌードの画像では、ツイード糸を市松のような模様編みにしていたけれど、取り合わせがあまり好みではないなあと思ったので、それは入れず、オフホワイトのアラン模様をもう1玉増やすことに。

これは手持ちの毛糸と同じ「ハマナカソノモノ・アルパカウール並太」を、近くの手芸屋さんで買い足しました。色の変化がちょっと怖かったけど、ロットが違ってもほとんど色味が変わらなくて、ほっ。


ホワイト系、グレー系のツイード糸は大好きで、見るとつい、編みたい物の予定がなくても欲しくなってしまうくらいなのですが、たぶん私、色々な糸を組み合わせるのは、本来あまり好みじゃないんだと思います。

それを言ってしまうと、そもそも日本で今流行っているスヌードのどっしり感や素朴な感じも、私にはボリュームが出過ぎてしまう上に、雰囲気が好きじゃないから、たぶん似合わないのだけれど☆

だから今まで興味がなかったし、今回の初スヌードは、エレガントなあの画像に惹かれ、更に私の好みで、アラン模様とファーだけの、シンプルで短めのものに仕上げるつもりでした。


それで・・・・・・

予想以上に短い仕上がりになってしまい、どうかなあと思いながら、なんとか一応仕上げたのですが、う~ん、という感じです。



BLOG2703 (2)



蛍光灯の下で急いで撮った写真なので、かわいく撮ろうという配慮と気力が足りなくてだいぶぞんざいですが、これが一番実際の色や風合いに近く写っています。

アラン模様はほぼ同じに編めたし、初めて編んだファー毛糸も、最初に見た画像より予測した以上に全体が茶色だったのはちょっと残念だったけど、白と合わせるから、私の好みの範囲内に収まりました。

でも、並太糸を7号針で編んだアラン模様が、思った以上に厚みとふんわり感が出て、
首に巻いてみると、ものすごくもったりたまる感じ。

幅も普通のマフラーよりずっと広いから、私の好みからすると、もう、「もっさりぼてぼて」☆(笑)


短いので着脱にかなり頭をこするから、髪をまとめている時には着けられないし、下ろしている時でも、スヌードを付けた後で髪をもう一度とかさなくちゃいけないかも、というくらい。

これ、普通にお化粧する女性だったらこの時点でアウトだな、と。殆どノーメイクだけど、私もグロスくらいはつけるから、それが白いアラン編みにつかないように気をつけなくちゃいけません。


かといって、これ以上長いと、巻いた時にもっと似合わないことになるのは必定とも確信。

ゆとりが出て首周りに密着しないことになるので、首が細くて長い私には、それを寒々しく強調する悪い効果が出てしまうのと、実際にも寒がりなので、防寒の役割を果たさず意味がないことに。

でも元々、スヌードって首周りにフィットするものでは、ないんだなあ、と。



DSCF2701 (2)-trim-blogsize



・・・つまり私には、やっぱりスヌード向かないのね、と納得しました。顔をこする云々のところだけ我慢していいなら、もっと軽いネックウォーマーの方が、まだ好みに合いやすいかも。

でも、ネックウォーマーも全然魅力を感じなくて、今まで沢山編み物の本で見てきたけど、一度も編みたいと思ったこともなく、眼中にない、範疇外の物でした。

比べたら小さめ、薄めのネックウォーマーでさえ、「かわいい♪」と思わないのに、
いわばその大叔父さんみたいなスヌードが、合うわけなかったか・・・。(笑)


それでも、もう一つ、3種類の糸を組み合わせた編みたいスヌードがあって、そちらももう、毛糸を揃えてしまいました。色味と風合いを見ながら糸を選ぶの、けっこう悩んで苦労したんです。

なので、今回の経験で学んだことを活かし、もうちょっと幅も狭く、編地も薄くなるよう編んでみるか、それとも、その組み合わせでいっそ最初からマフラーとして長く編むか・・・

考え中です。どっちがいいかな。
色も風合いも違う糸を3種類も組み合わせた物でも、マフラーとしておかしくないかしら。


その間に、他のものを編みたくなる気がします。
私の一目惚れ毛糸Angelaが、セールになるらしいんです・・・。(笑)



BLOG2711 (2)



調べたら、どうやらもう数年前に発売されている毛糸で、扱っているお店も既に少ないし、今扱っている所でも在庫限りの表示があるということは、このまま廃盤なんだろうなという気配が濃厚なので、

来年にしよう、と言っていたら手に入らない可能性があるかも。
そう思うと、あの糸だけの贅沢なマフラーの編みたさに、今、逆らえない気持ちがしています。


ところで、今日の画像ではあまりにもかわいそうだし、他のマフラーと違って単体できれいな形にして撮ることが難しいので、この初スヌードは、そのうち着用した状態を撮影しようと思っています。

ぜ~んぶ解いて編み直しの気持ちに駆られる前に、撮らなくちゃね。(ありうることなんです☆笑)













 *Welcome My Sunny Rosy Room*
    **クリックありがとう!**

*どちらも別ウィンドウで開きます*

user-banner[1]

**********
line1 (2)-85
          記事検索
        *contact*
       *花陽の別ブログ*
愛する物語世界の浪漫、美しい日本語、
名前の持つ不思議な力など・・・更新中!
       ギャラリー (Click!)
  • 秋薔薇の季節
  • 小さな花のリング
  • 秋めくココロ2~すみれ色のスワロフスキーとボルドーの薔薇
  • 秋めくココロ2~すみれ色のスワロフスキーとボルドーの薔薇
  • 「秘密」
  • 秋めくココロ1~長年の憧れ・YUWAの”Gloria”
  • ただ、そのままを見る~記憶と感情のオプション選択
  • 愛しい恐ろしい私たちの日本~Amazonもクロネコも郵便局も
  • 私の色・BO11~魅惑の色彩オーラソーマ
  • 再会~おかえり、私の愛するもの、愛すること
  • 久しぶりの夕陽~したいことを優先する体験
  • 強烈な直観?~わかるはずがないことがわかる時
  • 結ばれる願い~淡色リボンとスワロフスキーのブレスレット
  • 幸せは自分が創り出しているものらしい
  • 富士山とツイッター(の可愛い子)に癒された日
        薔薇色工房

        **Gallary**

2012-1225-BLOG4269-90 (3)    BLOG6593 (3)    BLOG5947 (4)
BLOG7998 (4)    BLOG7628 (4)    DSCF6609 (3)-trim
DSCF4054 (3)-trim    2011-0519-BLOG8635-90 (2)    BLOG1995 (4)
ブログで育てた苗木を本物の大地に植樹しよう
        QRコード
QRコード
         ***
/*リンクの下線はなし、マウスオンで下線あり*/