タイトルと背景などを元に戻し、しばらくはまた、私の日常の中にあって、書きたいことは何でも気楽に書いていくブログにしよう、と思っているのですが、

私の中にまだ「怪しく思われてしまうかも」という恐れがあるのか、無意識でつい後回しにしがちな不思議な話も、ちゃんと書いていこうと思います。

それも私の日常や感覚の中に、あるわけなので。(笑)


それで今日はさっそくひとつ、その関連の話を。

子供の頃から、周りが驚いて、自分も不思議に感じるような勘の良さや、ちょっと怖い体験、言葉にできない感覚など、色々と過敏な自分を感じてはいましたが、

通常の感覚や感情まで極端に否定される環境に育ったことで、自分でも積極的に否定するようになり、なのに反対に、その感覚を押し込める苦しみも、どんどん強くなるような状態が長年続いていました。


そんな年月の中で、自分からは近づかないのに、不思議と霊能力とか超能力というような不思議な力を持っている人との接点が時折あり、そんなときはなぜか必ず先方から、

あなたも見えてるよね、だいたいわかってるよね、というような言葉をかけられ、

そう言われると、自分の中の感覚を認められた気がしてホッとする一方で、いやいや私には特殊な感覚はない、ちょっと勘がいい時があるだけ、とかなり頑なに思っていたのです。


でも、本当は認めたかったのだと思います。

自分の中に、敏感に色々なものを察知する感覚があるということを。
ありのままの自分を。


そのせいか、ルカちゃんが特殊能力に目覚め、私の感覚のことも、その信頼できるルカちゃんに言われるようになってから、初めて少しずつ認めることができるようになっていった気がします。

以前、前世の話を少し書いた時に触れた、驚くような特殊能力が開花してしまった私の友人、ルカちゃんの話、覚えてくださっているでしょうか。

私の前世をいくつか教えてくれた、あの女性です。

※まだ読んでいない方は、こちらからどうぞ→「見えないものが見える友人~ルカちゃんの告白」


ルカちゃんによると、私の感覚は霊能力といわれるような特殊な形をとっていないだけで、それに等しいか、むしろ上回って正確なものだ、とのこと。

直観が非常に鋭く、更にそれを補助する色々な資質が加わっているため、

ごく普通の霊能力レベルの人たちに比べて、結果的にずっと「見えている・感じている・わかっている」のだそうです。

(ごく普通のレベルの霊能力って・・・という部分は、深く追求しないでください。笑
話すと鳥肌立つほどの力を持つルカちゃんに比べたら、殆どが小さな力なのだと思います。)


ただ私の場合、自分にとってはそれが生まれた時から当たり前の感覚なので、ほかの人も同じように感じていると思っていて、特別なものとは思っていなかったのだ、と。


「だから花陽さんは霊能力者とか、占いとか、いらないんですよ。
自分の直観の方がずっと強いから。

花陽さんは自分だけ信じてください、人に聞くと間違った情報が入っちゃいます。

・・・で、花陽さん、私のこれから、どうですか? 何か感じます? 
花陽さんが感じること教えてください、なんでもいいです!」


と、当時色々と悩んでいたルカちゃんが真剣に訊くので、思わず笑ってしまったのを覚えています。

彼女は人のことは、怖くなるほどよく見えるのに、自分のことはわからないのだそうです。
そういう意味では、そういえば私もそうかも。(笑)

占い師も自分のことは占えない、などと聞きますが、やっぱり思考や感情が邪魔をするからかしら。


ルカちゃんにはそれからも、時々彼女のことについて、「花陽さんの直観はなんて言ってます?」と訊かれましたが、そのたびに、本当に彼女には、私の直観が信頼できると感じられているんだな、と、

当時まだ全然自分自身を信じられずにいた私には、それは身の内にろうそくのやさしい明かりがともるような、そんなあたたかく感じられることでした。




g-2014-0601-BLOG9584-2-90 - p




さて、その私の「直観」ですが、一言では説明できない、色々な感覚が入っているように感じます。
なので、感じることも、わかることも、その時々で色々。

勘がいいという言葉では説明しきれないような例をひとつ書くと、


12歳くらいの時のこと、誘われて断り切れず、学校の先生のお宅に大勢の同級生たちと伺った時、同じく教師をしている先生の奥さんも一緒に座を囲んだのですが、

その時、一切何も関係のある話も出ていないし、先生ご夫婦に興味もないし(生理的な嫌悪を感じる先生だった)、恋愛や結婚、出産など、家庭的なことに興味も憧れもまったくなく、

早く帰りたいと思いながら、映画の一場面を客席から見るような感覚で、その場の様子を眺めていただけだったのに、

なぜか突然、奥さんのお腹に赤ちゃんがいることがフッとわかって、

何か答えたくない話を向けられた時に、話を逸らそうとそれを遠回しに話題にしたところ、奥さんと先生にものすごく驚かれたことがあります。


長年授からなかったので、やっと授かっても慎重になっていて、まだ一切周りには知らせていないのに、お腹も出ていない初期なのに、どうしてわかったの、と、奥さんにかなり何度も聞かれましたが、

私にもわからなかったのです。

ただ、突然、はっとわかったというか、言葉にするなら、「その情報が入ってきた」というような感じでした。

こんな風に、私にはまったく知りたいとも思わないし、知ったからといっても、喜びを共にして自分も幸せな気持ちになるとか、何か他のことと関連性があるなどということもなく、

私自身にまったく関係ないようなことでも、わかる時にはわかるのですが・・・だからなんだ、という感じで、全く気にしていませんでした。


それに、ここまではっきり「なぜわかったのか常識的には理由がない」という例以外は、たいてい何かしら説明をこじつけることができるので、自分の中で理屈をつけてしまっていましたし、

中高生の頃、女子たちにカード占いを頼まれて、占いの解説書には書いていない読みまでどうしてわかるのか、怖いくらい当たるけど、何か噂でも聞いて知っていたのか、と言われたり、

自分自身でも、当たる時には、勝手に情報が流れ込んでくるような不思議な感覚があること、当たらない(わからない)時には、それがないことなど、思い当たることがあったのですが、

まあ、自分が敏感で特別だって思いたい年頃だしね、そんな風に友達に褒められて、ちょっといい気になりたい思春期だしね、思い込みだよね、と、

まるで思春期の少女らしからぬ冷めた視点で、常に自分とその感覚を否定してしまっていました。


なので、「これは思春期の人間が、自分を敏感で特殊な力があると特別視したくて、ごく当たり前の人間の第六感や直観を誇張してとらえているのとは、ちょっと違うかも」と初めて自分で思ったのは、

大学生になってからの出来事だったのです。


(続きます!)→ 続きアップしました「壁をよじ登るロミオ~わかるはずがないことがわかる時 2







********

クリックありがとう!


(一日に1クリックのみでOK! PCの方は別ウィンドウで開きます。
スマホの方は、ランキングページからタイトルをクリックして、戻ってくることができます。)

********