きみがここにいる
世界は静まり
ぼくらのための歌が聞こえる

きみがここにいる
ぼくの腕の中に
ああ、ぼくは今生きている


人生が過ぎゆくと
愛や夢は消えるというね
なら初めから見なくていいと

なのにずっと きみのところにあったなんて
ぼくの夢が ここで待っててくれたなんて

やっとわかった 望んでいたのは
きみと共にいることだけ


お伽噺のようなハッピーエンドが待っている気がする
これは幻じゃないと、信じていいのかな

長い長い、ふたりの道のりだったね
でも今、きみがここに ぼくのそばに


もうこれ以上 自分でないまま生きられない
きみを失ったら、ぼくはどうしたらいい?

きみはここにいる
ぼくは幸せを信じ始めてる
これは嘘じゃないと

だからもう少し このままでいさせて、今 きみが
きみがここにいる
ぼくの腕の中に

まだ 道は遠くても




(意訳 by花陽 「So Close」Jon Mclaughlinより)

私のうにちゃんと、
   やさしい愛で結ばれたすべての恋人たちに捧ぐ~









先日の記事「So Close~認め始めたシンクロニシティ」に載せた曲を聴いた友人にリクエストを貰ったので、久々に訳詞してみました。

でも映画「魔法にかけられて」でこの歌が流れる、先日の動画のシーンでは、意味が違ってきます。


おとぎの国から来たお姫様と、彼女を助けたNYの弁護士は、互いに婚約者がいるため、強く惹かれ合いながら、とうとう迎えに来た王子さまと彼女が国に帰る日まで、言い出すことができません。

そんな時に参加した仮装舞踏会で一緒にワルツを踊ることになり、思わず彼が歌の歌詞に乗せて、自分の本当の気持ちを口ずさむ、という場面です。

愛しているならその人に愛の歌を歌うはず、と言っていた彼女に、歌なんて歌ったことがない彼が、精一杯思いを伝えようとしたという意味でもありました。


だからあのシーンに合う訳は、


君のおかげで愛するという気持ちを取り戻したのに、
君といることだけが大切だとわかったのに、

君は今こうして僕の腕の中にいるのに、こんなに近くにいるのに、

でもなんて遠いんだ、行ってしまうんだね?
(そしてぼくにはそれを止める勇気がないよ)


という、悲しく切ない意味だったのです。

でも、あの映画はハッピーエンドだったし、映画と関係なく聴いたら、英語圏の人でも解釈やイメージはそれぞれ違うようなので、私も自分にはこう聞こえる、としっくりくるように訳してみました。

できたら上の動画で曲を聴きながら、訳詞を読んでいただくと、言葉の情感が伝わって嬉しいです。
聴いてみてね!



So Close     Jon Mclaughlin


You're in my arms
And all the world is calm
The music playing on for only two
So close together
And when I'm with you
So close to feeling alive

A life goes by
Romantic dreams must die
So I bit mine goodbye and never new
So close was waiting, waiting here with you
And now forever I khow
All that I wanted to hold you
So close

So close to reaching that famous happy end
Almost believing this one's not pretend
And now you're beside me and look how far we've come
So far, we are, so close

Oh how could I face the faceless days
If I should lose you now?
We're so close
To reaching that famous happy end
Almost believing, this one's not pretend
Let's go on dreaming for we know we are
So close
So close
And still so far