過去にも何度かアップしたことのある、この曲。

これはちょっと私にとっては特別な曲で、数年前に初めて聴いたのが、人生で一番つらいことが起きて、心身ともに比喩ではなく死ぬか生きるかというほどの状態に陥っていた時期だったので、

大好きだけど、今聞いてもまだ、その時の心身の状態が反射的に甦って、胸がざわざわして、心も体も、どこか痛くなるような感じがあります。

好きなのに、あまり聞けない曲。


それに加えて、本来の私の好みの範疇からはかなり外れている系統でもあったため、とても有名な人だそうなのに、私はこの曲しか知らないし、他の曲は聞かなかったし、それでずっと来たのだけれど、

でも、先日出先でお昼を食べていた時、TVが点いていて、日頃からTVを全く見ない私は、全然気にも留めずに本を読んでいたのに、

耳に入ってきた歌声にものすごくハッとして、思わず目を上げたら、
秦さんでした。


ああ、私の個人的な感情的記憶のせいだけではなくて、やっぱりこの人の声が、心をざわめかせる声なんだわ、と・・・。

ただ美しい声、うまい歌とは違う、天性の素質なんでしょうね。
その特徴や作用を、言葉でうまく言い表すことができない、心を揺さぶる声。

望んでも得られない、すごいものを持っている人だなあ。


不思議な人、不思議な歌、
そして不思議なめぐりあわせ。

胸がざわめいて、記憶の反応で体のどこかが痛むような気持ちがしても、

それでも好きな歌です。















********

クリックありがとう!


(一日に1クリックのみでOK! PCの方は別ウィンドウで開きます。
スマホの方は、ランキングページからタイトルをクリックして、戻ってくることができます。)

********