前回の記事「今年の手帳はスワロフスキー仕様~三つ子の魂百まで」の最後に載せた、この画像の右上に写っているピアス。




BLOG3189 (2)-p




20代の頃に叔母にもらったもので、もとはアイボリーのお花のモチーフ部分だけの、とても小さくてシンプルなスタッドピアスです。

お花が象牙と聞いて、見るたびになんとなく心がちくりとし、無意識につけるのを避けがちになって、しかもほんの数回の着用時に、華奢な14Kゴールドのポスト部分が片方取れてしまい、

そんなこんなで何年もずっとしまい込んでいたのですが、

使われないまま黄色くしてしまうのもかわいそうだなあと思うようになり、少し前にポストの修理を試してみました。

すると、壊れた当時は何度直してみてもうまく付かなかったポストが、今度はなぜか一度でしっかりと修理でき、これは使えそうだと感じて、

更にほんのりオレンジがかった淡水パールを下げてみたのが、今の姿です。




DSCF3187 (2)-p




淡水パールひとつでかなり印象が変わり、ちょっぴり華やかになりました。

もらった当時は耳が見えるショートヘアだったのが、近年は長くしているので、髪を下ろしていると隠れてしまって見えないくらいの大きさのピアスですが、逆に今、お気に入りの一つになっています。


何度直してもダメで、何年も使える状態でないまましまっていたのに、あの時あんなにあっさり修理できたのは、このピアスにとっての「時」がやっと来た、ということだったような、

もっというと、「そういうシナリオになっていた」、つまり、このタイミングがあらかじめ決まっていたような、そんな気もします。

人でも物でも出来事でも、何にでも、あらかじめ用意された時というか、シナリオがあるような、そんなことを最近、そこはかとなく感じることがいろいろあるのです。

深くは追求せず、なんとなく、ほのかにそんな気がする、というくらいで流してしているけれど。




BLOG9296 (2)-p

スワロフスキーイヤリング&ネックレス「楽園の青」



お花の直径は8ミリで、上の画像のネックレス&イヤリングのスワロフスキーの石が、ちょうど同じ大きさです。

でも、透かし彫りの繊細な花なので、これに比べて印象がずっとずっと小さく、可憐な感じ。

このスワロフスキーチャトンは石に厚みがあるので、輝きも強く、ボリューム感があり、数値よりも実際の印象の方が大きく感じます。

素材の感じ、デザイン、色などで、ものの印象って全く違いますね。
(あ、でも、接写の大きさが全然違うので、お花の方がもしかして大きく見えるかな?)




BLOG3192 (2)





この淡水パールは、昔作ったキットの材料がたまたま残っていたものを使ったのですが、

とろりとあたたかみのある象牙色と、パール独特のつやつやした淡いオレンジ色がとてもよく合って、今まであまり使わなかった色だけれど、この色もいいなあ、なんて思っています。


時々、そのピアスかわいいね、それも花陽さんが作ったの? minneで同じの、買える? と聞いてくれる人もいるのですが、

残念ながら、似たようなお花のパーツを探したけれど、今のところ見つからないでいます。
形や大きさが似ていても、素材が違うと全然印象が違ってしまって・・・。


こんなに小さいけれど、その物の持つ質感や印象って、大げさに言えば、その物の「存在感」って、大きいものと変わらずにしっかりとあるんだなあ、

生き物ではなくても、同じ地球で同じ時間を共にしている、仲間なんだなあ、と、

最近前にも増して、それがとても不思議なことのように、重要感をもって感じられたりもしています。












********

クリックありがとう!


(一日に1クリックのみでOK! PCの方は別ウィンドウで開きます。
スマホの方は、ランキングページからタイトルをクリックして、戻ってくることができます。)

********