少し前までの、寒くて雨ばかりの日々が嘘だったかのように、暖かくてピカピカの気持ちのいい晴天が続いたので、もう行きたくてたまらず、

今日は夕方からしか出かけられないから、向かい始めたらあっという間に夜になってしまう、とわかっていたけれど、ドライブに出かけてしまいました。


案の定、走り始めてわずか10分ほどでどんどん暗くなりはじめ、東に薄い円盤状の、ん、あれはなんだ? と一瞬びっくりするほどの、黄金色のまばゆい光が見えるのを横目にしながら、北へ。

すぐにわかりましたが、雲間に見える、昇り始めた今日の月でした。




BLOG2915-2




ああ、そうだ、今日は十四日の月。
満月の一日前。

滝沢馬琴が、大好きな「南総里見八犬伝」中で、「十四日の月隈なく照らして」と描いていた月。


有名な対牛楼のくだりで、まだたった十五歳の美貌の少年犬坂毛野が、身分を偽った女装のまま月影の下に走り出でて、親の仇を討った返り血で染まった頬をにっこりと微笑ませるシーンや、

続けて自分の倍もあるような大男の仲間を背負って、堀の上に渡した綱の上を渡り、敵の手から逃れる場面を思い出します。

あれは今のような秋ではなく、5月15日の夜だったけれど。


9歳の夏、母の実家にあった古い講談社の子供向けの本「世界名作全集」で初めて読み、日本画家玉井徳太郎の美しく気品ある挿絵と、めまいがするほど面白い伝奇物語に、

しばらく現実に戻れないほど虜になりました。

高校生になってから岩波文庫で、好きなシーンだけ原文を拾い読みしていったけれど、馬琴の躍動感に満ちた美しい七五調の文体に触れると、今もその時と全く変わらないときめきを覚えます。

以来、十四日の月は、私にとっては馬琴と八犬伝の月。
血沸き肉躍る冒険の物語のヒーローたちを、煌々と照らし出す月です。


           
(なんと、原文の岩波文庫はもう絶版。涙)(こちらは割といい現代語訳らしいです。)



話を現実に戻すと、1時間ほどで目的地に着いた時には、もうあたりはすっかり夜の帳が降りて真っ暗でしたが、月は高く輝いていました。

本当に久しぶりの田貫湖でした・・・ここは私にとっては、ちょっと気晴らしがしたい時にすぐに来られる、手軽で身近なドライブコースなのですが、今年は半年以上も走れなかったのです。


写真でおわかりのように、暗すぎて湖は見えなかったし、ただ近くまで走っただけになったけれど、連休とあってキャンプする大勢の人々の灯すあかりでキラキラと湖岸が賑わっていて、

それもとても愉し気で、きれいでした。




DSCF2905 (3)-blogsize




もう一枚。
ぼやけ写真でごめんなさい。

ちょうどこの時、薄雲が周りにかかって、雲が朧な輪郭になっていたので、三脚なしのコンデジで夜景を撮るのはもともと無理があるのですが、いつも以上に悪条件で、これが精一杯でした。

(左端に富士山の稜線を遮っているものがありますが、それは田貫湖岸の木立です。)


出かける時、富士山に近い方は、夜になるともう寒いし、行くまでの道も暗いし、途中で寂しい気分になったら、そこから引き返せばいいや、と思っていたのですが、

まるでそんな気持ちにはならず、田貫湖に出るまでの、鬱蒼とした森の中をくねくねと曲がりながら走る道でも、色々な意味でまったく怖くなく、自分でもあきれるくらい楽しいドライブでした。

夜の暗い森が一部だけ車のライトに照らされて浮かびあがると、かなりおどろおどろしい凄みがあって、以前夕暮れになってしまった時には、だいぶ怖いなと思ったのですが、今日は鼻唄混じり。(笑)

ペーパードライバーを返上して、この車に乗り始めた頃、山道は特に手に汗握るほど怖くて怖くて、早く運転に慣れて、こんな道なんでもなくなりたいけれど、果たしてそんな日が来るだろうか、

なんて思っていたのを、まるで何十年もの遠い昔のように思い出しました。


お月様と富士山に見守られたドライブ。

早く帰らなくてはいけない時間制限があったため、とんぼ返りで往復2時間のあっという間でしたが、楽しかったなあ。

今度はきれいな紅葉が撮れる日中に、マイナスイオンと美しい富士山&湖を満喫しに行きたいと思います。

気持ちの良い景色の写真が撮れたら、アップしますね!






********

クリックありがとう!


(一日に1クリックのみでOK! PCの方は別ウィンドウで開きます。
スマホの方は、ランキングページからタイトルをクリックして、戻ってくることができます。)

********